TMAX530とNC750X DCTの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

TMAX530とNC750X DCTの違いを比較

 

ヤマハ TMAX530の歴史

2013年6月25日に「TMAX530」の日本仕様を発売。型式は、EBL-SJ12J
ここからTMAXの4型。フルモデルチェンジされ、エンジンがボアアップされ排気量が530ccとなって、駆動系と後輪アームを全面刷新し、車体デザインも変更。SJ12J型は発表から日本国外仕様のみ販売され、日本では並行輸入された車両が発売されていたが、2013年1月に騒音関係の法令が改正され、のちの欧州規制と同値にあたる平成26年騒音規制の適用が受けられることになったので、2013年6月25日からTMAX530として日本国内仕様が正式に発売されることになり、ABS仕様も同時発売された。
TMAX500(3型)とTMAX530(4型)の違いの比較は、こちら。
2013年7月25日に上級仕様モデルの「TMAX530 ABS BLACK MAX」を発売。
ABSを標準装備、専用カラーリング、専用メーター、ブラックウッドパターン水圧転写のメーターまわり、ゴールド塗装グリップエンド、TMAXロゴ入りシート、バックレストエンブレム、ゴールド塗装ホイール、サテンゴールドエンブレムなど、豪華な仕様に。
2014年1月27日に「TMAX530 ABS BRONZE MAX」を追加し発売。
「ヨーロピアン・ダンディズム」をコンセプトにパフォーマンスと実用性、エレガントさを調和した新色の「マットダークイエローイッシュグレイメタリック1」を施したモデル。
2015年1月10日に「TMAX530 ABS」をマイナーチェンジ。
ここからTMAXの5型。2015年モデルは、スポーツ性、使い勝手をさらに向上。精悍なLEDヘッドライトと新形状のフロントカウル、スーパースポーツモデルと同様の倒立式フロントフォーク、扱いやすいスマートキーシステム及び12VのDCアウトレット等を採用。
TMAX530 4型と5型の違いの比較は、こちら。
2015年2月10日に「TMAX530 ABS IRON MAX」を発売。
上級機種の「TMAX530 ABS IRON MAX」(アイアン マックス)には、スエード調シート表皮、ピンストライプ入り前後ホイール、クロノウォッチイメージの専用メーター、アルミ製フットプレート等を採用。
「TMAX530 ABS IRON MAX」(アイアン マックス)」の違いの比較は、こちら。
2016年1月26日に「TMAX530 ABS」と「TMAX530 ABS IRON MAX」をカラーチェンジ。
標準モデルの「TMAX530 ABS」には新色「マットライトグレーメタリック3」(マットシルバー)を追加。2016年モデルの「TMAX530 ABS IRON MAX」には、車体色は継続し、ゴールドホイールを新たに採用、エンブレムもゴールドとして上質感をアップ。スエード調シート表皮、クロノウォッチイメージの専用メーター、アルミ製フットプレート等は継続採用。
2017年4月7日にTMAX530がフルモデルチェンジされ、「TMAX530 DX」と「TMAX530 SX」が発売。型式は、2BL-SJ15J

ここからTMAXの6型。2017年モデルのコンセプトは、「Master of Scooter」。ヤマハのスクーター初の電子制御スロットルや新設計の軽量アルミフレーム、リンク式リアサスペンションなどの採用で走行性能を高めつつ、軽快感とエレガントさを兼ね備えたデザインを採用し所有感を向上させました。スタンダード仕様の「SX」とクルーズコントロールシステムや電動調整式スクリーンの採用など快適装備を充実させた「DX」を設定。どちらもABS標準装備。
TMAX530 5型と6型の違いの比較は、こちら。
TMAX530SXとTMAX530DXの違いの比較は、こちら。
2018年5月28日に「TMAX530 DX」と「TMAX530 SX」をカラーチェンジ。
2019年2月25日に「TMAX530 DX」と「TMAX530 SX」をカラーチェンジ。

 

 

ホンダ NC750Xの歴史

2014年1月24日に新登場。型式は、EBL-RC72
「NC750X」、「NC750X TypeLD」、「NC750X<ABS>」、「NC750X TypeLD<ABS>」、「NC750X DCT<ABS>」、「NC750X TypeLD DCT<ABS>」を発売。今回のモデルは、「NC700X」の排気量アップを図りつつ、燃費の向上を実現し、装備の充実も図った。車体色は、全タイプに新色の3色(マットパールグレアホワイト、パールスペンサーブルー、ソードシルバーメタリック)の設定。
NC750XとタイプLDの違いの比較は、こちら。
NC750XとNC750X DCTの違いの比較は、こちら。
2014年4月21日に「E Package」タイプを設定し発売。
NC750XのE Packageは、Type LD、DCT搭載車にタイプ設定した。ETC車載器やスポーツグリップヒーター、DCTチェンジぺダルを装備。車体色は、3色(マットパールグレアホワイト、ソードシルバーメタリック、パールスペンサーブルー)の設定。
2016年1月26日にフルモデルチェンジ。型式は、2BL-RC90
NC750Xはスタイリングを一新。LEDヘッドライト、LEDテールランプを採用し、導光タイプのポジションランプをヘッドライト輪郭に縁取った。ラゲッジボックスの容量を拡大した。フロントサスペンションに「デュアルベンディングバルブ」を採用。リアクッションにはプリロード調整機構を追加。DCT搭載モデルは、Sモードに3種類のレベルを設定できる機能を追加。心地のよいパルス感を向上させる異形断面マフラーや防風効果をさらに高めた大型ウインドスクリーンを採用。車体色は、4色(キャンディーアルカディアンレッド、グリントウェーブブルーメタリック、パールグレアホワイト、マットバリスティックブラックメタリック)の設定。
NC750Xの「EBL-RC72」と「2BL-RC90」の違いを比較
2017年2月17日にカラーチェンジ。
新色のキャンディープロミネンスレッドを各タイプに追加。従来色の3色(マットバリスティックブラックメタリック、パールグレアホワイト、グリントウェーブブルーメタリック)とあわせて全4色の設定。
2018年4月20日にマイナーチェンジ。
これまでNC750X Dual Clutch Transmission<ABS>のみの設定だった、グリップヒーターとETC車載器を標準装備したE Packageタイプを、新たにマニュアルトランスミッションタイプのNC750X<ABS>にも設定。またNC750X<ABS>E PackageとNC750X Dual Clutch Transmission<ABS>E Packageに、2段階のトルクコントロールとトルクコントロールを必要としないOFF状態の選択が可能なHonda セレクタブル トルク コントロール(HSTC)を採用。シート高は、全タイプ800mmの設定とした。車体色は、3色(キャンディークロモスフィアレッド(新色)、マットガンパウダーブラックメタリック(新色)、パールグレアホワイト)の設定。
2018年11月22日にマイナーチェンジ。
「NC750X」の全タイプにABSとグリップヒーターとHondaセレクタブル トルク コントロール(HSTC)を標準装備。「NC750X」全タイプにETC2.0車載器を標準装備。車体色は、3色(マットバリスティックブラックメタリック(新色)、キャンディークロモスフィアレッド、パールグレアホワイト)の設定。
2021年2月25日にフルモデルチェンジ。型式は、8BL-RH09

よりアクティブなイメージを強調したスタイリングに一新。エンジン内部は、令和2年の規制に適合するため、パワーユニットに軽量化された新設計のピストンを採用やエアクリーナー構造の刷新すると共に吸排気系を刷新。フレームは軽量化が図られた。ラゲッジスペースを拡大。新たにスロットルバイワイヤシステムを採用。マニュアルミッション車のみににアシストスリッパークラッチを採用。新デザインの液晶メーターには、バッテリー電圧や平均車速などの表示情報を追加。ETC2.0車載器、グリップヒーターは引き続き搭載。車体色は、3色(グランプリレッド、パールグレアホワイト、マットバリスティックブラックメタリック)。
NC750Xの2021年2月25日のフルモデルチェンジ前後の違いの比較は、こちら。

 

 

ここでは、
2013年6月25日発売のヤマハ TMAX530 ABS(型式 EBL-SJ12J)と
2014年1月24日発売のホンダ NC750X Dual Clutch Transmission ABS(型式 EBL-RC72)
の違いを比較しました。

 

 

TMAX530とNC750X DCTのスペックの比較

数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

TMAX530 ABS

NC750X Dual Clutch Transmission ABS

モデルチェンジ区分

新登場

新登場

型式

EBL-SJ12J

EBL-RC72

発売日

2013年6月25日

2014年1月24日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2200

2210

全幅 (mm)

775

840

全高 (mm)

1420

1285

ホイールベース (mm)

1580

1540

最低地上高(mm)

125

165

シート高 (mm)

800

830

車両重量 (kg)

221

229

最小回転半径(m)

2.8

3

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

27

40

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

-

29

原動機型式

J413E

RC70E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

2

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

空冷

水冷

排気量 (cc)

530

745

カム・バルブ駆動方式

DOHC

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

68

77

行程(ピストンストローク)(mm)

73

80

圧縮比(:1)

10.9

10.7

最高出力(kW)

34

40

最高出力(PS)

46

54

最高出力回転数(rpm)

6750

6250

最大トルク(N・m)

52

68

最大トルク(kgf・m)

5.3

6.9

最大トルク回転数(rpm)

5250

4750

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料タンク容量 (L)

15

14

燃料(種類)

ハイオクガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

405

560

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR7E

IFR6G-11K

点火プラグ必要本数・合計

2

2

搭載バッテリー・型式

YTZ12S

YTZ14S

バッテリー容量

12V-11.0Ah

12V-11.2Ah 10HR

エンジン潤滑方式

ドライサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

3.5

4.1

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

2.7

3.2

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

2.9

3.4

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-30

クラッチ形式

湿式・多板・遠心

湿式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

電子式・6段自動変速

1次減速比

1

1.921

2次減速比

6.034

2.294

変速比

-

1速 2.665/2速 1.904/3速 1.453/4速 1.200/5速 1.032/6速 0.864

動力伝達方式

-

チェーン

スプロケット歯数・前

-

17

スプロケット歯数・後

-

39

チェーンサイズ

-

520

標準チェーンリンク数

-

112

フレーム型式

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

25°00

27°00

トレール量 (mm)

92

110

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

正立フォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

1

1

タイヤ(前)

120/70R15

120/70ZR17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

56

58

タイヤ(前)速度記号

H

(W)

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

160/60R15

160/60ZR17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

67

69

タイヤ(後)速度記号

H

(W)

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3.5

3.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

5

4.5

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

2.25

-

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.8

-

ヘッドライト定格(Hi)

55W

60W/55W

ヘッドライトタイプ(Hi)

H11

H4

テールライトタイプ

LED

-

スピードメーター表示形式

アナログ

デジタル

メーター表示

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
パーキングブレーキ 有
可変スクリーン 有
ヘルメット収納 有
シート下収納(シート下トランク) 有
センタースタンド 有

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
パーキングブレーキ 有

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

1,018,500円(税抜き 970,000円) ブラックメタリックM、ブルーイッシュホワイトカクテル1、マットダークグレーメタリック1

 

814,800円(税抜き 776,000円) マットパールグレアホワイト、パールスペンサーブルー、ソードシルバーメタリック

販売計画台数(国内・年間)

800台

 

2,500台

 

TMAX530とNC750X DCTの違いを比較

 

TMAXとNC750X DCTの違いを比較

 

 

2014年2月にNC750XDCTを買った。TMAXと迷ったけど、NC750XDCTの方が乗り出し価格が40万円も安かった。でもTMAXの方が乗って楽しかったし、前後シートが格段に良かった。長時間タンデムをよくすることがあるならもっと悩んだと思う。NC750XDCTのリアシートは片道1時間半ぐらいなら全然大丈夫。DCTは、体験したことなかったし、馬力があって燃費も良い。

 

 

TMAXは、ハードケースがトップしか付かないけど、NC750XDCTはパニアも付く。

 

 

NCのDCTは、TMAXなどのスクーターのATのイメージで想像してたら判断を間違う。低中速からでも最大馬力が簡単に使えるし、伝達効率がミッションと同じだから燃費も良いし、他にも色々ある。

 

 

DCTは、オートマと言っても燃費が落ちないスポーツオートマだからTMAXのような古典的Vベルト式変速とは全く違う。さらにNC750DCTになって極低速時のギクシャク感がかなり改善されたからDCTはオススメできる。

 

 

DCTは、コストの問題と重さが一気に増すのがネック。それ以前にヤマハは、開発できないけど。

 

 

TMAXとNC750Xで迷ってる。NC750Xは、DCTが選べるし、メットインあるし、ガソリンレギュラーだし。燃費が良いのも魅力。速さもTMAXよりはある。でも見た目はTMAXが最高なんだよね。

 

 

TMAX530とNC750X DCTは、どちらもオートマで楽だけど、燃費は段違いでNC750X DCTの方がいい。

 

TMAX530とNC750XDCTの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら