KLX125とKLX250の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

KLX125とKLX250の違いを比較

 

カワサキ KLX125の歴史

2009年12月15日に新発売。型式は、EBJ-LX125C
車体色は、2色(ライムグリーン、ブライトホワイト)。
2010年7月1日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ライムグリーン、ブライトホワイト)。
2012年3月1日にマイナーチェンジ。
シート幅を拡大。リアフレームの材質が変更され大型のリアキャリアが装着できるようになった。車体色は、2色(ライムグリーン、エボニー)。
2012年9月1日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ライムグリーン、ブライトホワイト)。
2013年10月1日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ライムグリーン、エボニー)。カラーの変更の他にWMTCモードの燃料消費率が記載されるようになったのと価格が変更。
2014年10月1日にカラーチェンジ。
車体色の変更はなく、リヤサイドカバーのカラーストライプが省略された。また、タンクサイドカバーのグラフィックのロゴが「Kawasaki」から「KLX」の文字がメインとなった。
2015年10月1日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ライムグリーン、ブライトホワイト)。

 

 

カワサキ KLX250の歴史

1998年2月に「KLX250」が新登場。型式は、LX250E
車体色は、ライムグリーンの1色。
1999年2月にカラーチェンジ。
車体色は、ライムグリーンの1色。
2001年2月にマイナーチェンジ。型式は、BA-LX250E
二次エア導入システムなどで構成されるカワサキの排気ガス浄化システム「KLEEN」を搭載。平成11年排出ガス規制をクリア。一次減速比も変更。車体色は、ライムグリーンの1色。
2002年2月にカラーチェンジ。
車体色は、ライムグリーンの1色。
2003年2月にカラーチェンジとバッテリーを変更。
カラーチェンジと標準搭載バッテリーをユアサ製から古河電池製に変更。車体色は、2色(ブレイジングオレンジ、ライムグリーン)の2色。
2004年4月にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ブレイジングオレンジ、ライムグリーン)の2色。2004年モデルから、生産がカワサキモータースエンタープライズタイランド(タイカワサキ)に移管された。
2004年12月にマイナーチェンジ。
シュラウドやメーターバイザーのデザインを変更。車体色は、2色(エボニー、ライムグリーン)の2色。
2005年12月にカラーチェンジ。
車体色は、2色(エボニー、ライムグリーン)の2色。

2006年12月にカラーチェンジ。
車体色は、2色(エボニー、ライムグリーン)の2色。
2008年4月にフルモデルチェンジ。型式は、KLX250S8F
平成19年度排ガス規制に対応。フューエルインジェクションを装備し、中回転域のセッティングを変更。車体デザインを大幅に見直し、フロント部にデジタルメーターを搭載。前年モデルまでのオフロードバイクらしいスクエアヘッドライトからV字形状の2灯式に変更し、外観イメージが一新。ここでKLX250のモタードモデル、Dトラッカーは、DトラッカーXに車名を変更。車体色は、2色(エボニー、ライムグリーン)の2色。
2007年モデルKLX250(キャブレーター)と2008年モデルKLX250(インジェクション)の違いを比較
2009年2月にマイナーチェンジ。
一部仕様を変更して、価格変更した。車体色は、2色(エボニー、ライムグリーン)の2色。
2009年12月にカラーチェンジ。型式は、JBK-LX250S
車体色は、2色(エボニー、ライムグリーン)の2色。
2010年9月1日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ライムグリーン、ブライトホワイト)の設定。
2011年9月1日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ライムグリーン、ファイアクラッカーレッド)の設定。
2012年11月1日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ライムグリーン、ブライトホワイト)の設定。
2013年7月1日にカラーチェンジ。

車体色は、2色(ライムグリーン、エボニー)の設定。
2014年7月1日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ライムグリーン、エボニー)の設定。
2015年8月1日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ライムグリーン、ブライトホワイト)の設定。
2016年5月15日に 特別・限定仕様「KLX250 Final Edition」。
KLX250シリーズの最後のスペシャルカラーモデル。90年代前半のオフロードバイクっぽいカラーリング、ボディ同色のフレーム、紫のシートなどを採用。車体色は、ライムグリーン。
2016年に発表されたファイナルエディションをもって日本向け仕様は、生産終了。

 

 

ここでは、
2009年12月15日発売のカワサキ KLX125(EBJ-LX125C)と
2009年12月発売のカワサキ KLX250(JBK-LX250S)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

KLX125

KLX250

モデルチェンジ区分

新登場

カラーチェンジ

発売日

2009年12月15日

2009年12月

型式

EBJ-LX125C

JBK-LX250S

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1980

2200

全幅 (mm)

770

820

全高 (mm)

1090

1190

軸間距離 (mm)

1285

1430

最低地上高 (mm)

255

285

シート高 (mm)

830

890

車両重量 (kg)

112

136

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

水冷

排気量 (cc)

124

249

4スト・カム駆動方式

OHC(SOHC)

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

2

4

内径(シリンダーボア)(mm)

54

72

行程(ピストンストローク)(mm)

54.4

61.2

圧縮比(:1)

9.5

11

最高出力(kW)

7.5

18

最高出力(PS)

10.2

24

最高出力回転数(rpm)

8000

9000

最大トルク(N・m)

9.8

21

最大トルク(kgf・m)

1

2.1

最大トルク回転数(rpm)

6000

7000

燃料タンク容量 (L)

7

7.7

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

C.D.I.式

C.D.I.式

点火プラグ標準搭載・型式

CR7HSA

CR8E

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

FTX7L-BS

FTX7L-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.1

1.3

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

0.9

1

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

1

1.1

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・5段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

2.88

2.8

2次減速比

3.357

3

変速比

1速 2.9160/2速 2.0000/3速 1.4730/4速 1.1300/5速 1.0000

1速 3.0000/2速 2.0000/3速 1.5000/4速 1.1900/5速 1.0500/6速 0.9520

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

14

14

スプロケット歯数・後

47

42

チェーンサイズ

428

520

標準チェーンリンク数

124

106

フレーム型式

セミダブルクレードル

セミダブルクレードル

キャスター角

26°30

26°30

トレール量 (mm)

96

105

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

53.5

40

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

70/100-19

3.00-21

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

42

51

タイヤ(前)速度記号

P

P

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

タイヤ(後)

90/100-16

4.60-18

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

51

63

タイヤ(後)速度記号

P

P

タイヤ(後)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

ホイールリム幅(前)

1.4

1.6

ホイールリム幅(後)

1.85

2.15

 

KLX125とKLX250の違いを比較

 

KLX125とKLX250の比較の口コミ

 

 

KLX125に試乗してみたらパワーが物足りなかったからKLX250にするか迷い始めた。125ccは燃費が良いし、ファミバイ特約使えて維持費も安いから悩む。

 

 

KLX125のがパワーに頼らない走り方をするからラインの見極めやダートの走り方が上達するよ。リアロックを使ってのケツの振り方もKLX125のが軽くてコンパクトだから怖くない。股下で倒しやすいのでアクセルターンも覚えやすい。それにダートでは、足つきの良さと軽さが一番。

 

 

KLX125を買っても街乗りメインだとKLX250にしとけば良かったってなるよ。セカンドで遊び用にKLX125買うなら別だけど。

 

 

背が低い人や金が無い人以外は、KLX250のがいいと思う。俺は、KLX125買ったけど、幹線道路を走るとストレスを感じる。KLX250の方が自分の思い通り加速してくれる。

 

 

高速道路を使わない人や飛ばさない人は、KLX125でもいい。車体が軽いし、小回りが効くから気軽に乗れる。でも幹線道路を走ることが多い人やツーリングが好きな人は、KLX250を買ったほうが絶対幸せになれる。

 

 

俺は、大型乗ってて、KLX125を増車して2台体制にしたけど、それが一番いいと思う。1台体制にするならKLX125だけだとパワーが恋しくなるからKLX250にした方がいいでしょ。

 

 

俺は、KLX125を買って最初の1ヶ月くらいは「パワーないなー」って思ってたけど、今は慣れた。オンもまあまあだし、オフは、足がつくから遊び放題。今林道ツーばかりになってる。まあ街乗りとツーリングのオンメインの人は、KLX250買っといた方がいいと思うけど。

 

 

KLX125は、慣れると物足りなくなると思うよ。

 

KLX125とKLX250の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら