NINJA400RとGSR400の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

NINJA400RとGSR400の違いを比較

 

カワサキ Ninja400Rの歴史

2010年8月1日に「Ninja400R」が新登場。型式は、EBL-ER400B
スタイリッシュなフルカウル、デュアルヘッドライト、アップライトなポジション、段付きウインドスクリーンを持つスポーツツーリングマシンとして登場。海外モデルのER-6f/Ninja650Rをベースに、日本の普通自動二輪免許に適合する水冷DOHC4バルブ並列2気筒399ccエンジンを搭載。車体は、ER-6fとほぼ共通。
2010年11月15日に「Ninja400R ABS」が新登場。
Ninja400RにABSを搭載したモデル。
2011年9月1日に「Ninja400R」と「Ninja400R ABS」をカラーチェンジ。
2011年10月1日に「Ninja 400R Special Edition」を発売。
2012年10月1日に「Ninja400R」と「Ninja400R ABS」をカラーチェンジ。
2012年12月1日に「Ninja 400R Special Edition」をカラーチェンジ。
この2013年モデルで「Ninja400R」は終了。翌年に「Ninja400」が新発売。

 

 

スズキ GSR400の歴史

2006年5月に「GSR400」が新登場。型式は、型式は、BC-GK7DA
車体色は、マットブラックメタリックNo.2。
2006年9月に「GSR400」のカラーチェンジ。
車体色にレッドとブルーを追加。
2007年2月に「GSR400」の特別色のグラススプラッシュホワイトを設定。
グラススプラッシュホワイトの車体色にシートには赤と黒のツートーンカラー、ホイールはマットチタニウムシルバーを採用。
2007年4月に「GSR400」のカラーチェンジ。
車体色は、ホワイトのみ。
2007年9月に「GSR400ABS」が新登場。
ABSを標準装備。シャープなデザインのバックミラーも採用。車体色は、4色(マットブラックメタリックNo.2、ソニックシルバーメタリック、パールスズキディープブルーNo.2、キャンディソノマレッド)の設定。
2009年3月に「GSR400」と「GSR400 ABS」をマイナーチェンジ。型式は、EBL-GK7EA
出力上限のメーカー自主規制が撤廃され、エンジンのカムプロフィールやフューエルインジェクション、ECM(エンジンコントロールモジュール)などを変更し、最高出力が45kW(61ps)にアップ。平成19年排出ガス規制にも適合した。メーターバイザー(ショートスクリーン)を採用し、バックミラーは角型メッキ仕上げに。車体色は、
3色(トリトンブルーメタリック×ミスティックシルバーメタリック、パールネブラーブラック、パールミラージュホワイト)の設定。
2010年3月25日に「GSR400」と「GSR400 ABS」をカラーチェンジ。
車体色は、新色のサンダーグレーメタリックと従来色のパールネブラーブラックとパールミラージュホワイトの3色の設定。
2013年3月21日に「GSR400 ABS」をカラーチェンジ。

車体色は、ツートンの3色(マーブルデイトナイエロー/マットシャドウブラックメタリック、パールグレッシャーホワイト/マットフィブロイングレーメタリック、グラススパークルブラック/マットシャドウブラックメタリック)の設定。
2014年4月2日に「GSR400 ABS」をカラーチェンジ。
Sエンブレムを変更。車体色は、3色(トリトンブルーメタリック/パールグレッシャーホワイト、パールグレッシャーホワイト/マットフィブロイングレーメタリック、グラススパークルブラック/マットシャドウブラックメタリック)の設定。

 

 

ここでは、
2012年10月1日発売のカワサキ NINJA400R ABS(EBL-ER400B)と
2013年3月21日発売のスズキ GSR400 ABS(EBL-GK7EA)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種名

Ninja 400R ABS

GSR400 ABS

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

カラーチェンジ

発売日

2012年10月1日

2013年3月21日

型式

EBL-ER400B

EBL-GK7EA

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2100

2090

全幅 (mm)

760

795

全高 (mm)

1200

1075

軸間距離 (mm)

1410

1435

最低地上高 (mm)

145

130

シート高 (mm)

790

785

車両重量 (kg)

207

215

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

4

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

399

398

4スト・カム駆動方式

DOHC

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

68.4

54.6

行程(ピストンストローク)(mm)

54.3

42.5

圧縮比(:1)

11

12.2

最高出力(kW)

32

45

最高出力(PS)

44

61

最高出力回転数(rpm)

9500

12000

最大トルク(N・m)

37

39

最大トルク(kgf・m)

3.8

4

最大トルク回転数(rpm)

7500

10000

燃料タンク容量 (L)

15

16

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR9EIA-9

CR8EIA-9

点火プラグ必要本数・合計

2

4

搭載バッテリー・型式

FTX12-BS

FTX9-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

2.4

3.9

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

1.7

3.2

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

1.9

3.6

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

2.095

1.926

2次減速比

3.066

3.357

変速比

1速 3.0000/2速 2.1660/3速 1.6400/4速 1.3600/5速 1.1920/6速 1.0400

1速 2.7850/2速 2.0000/3速 1.6000/4速 1.3630/5速 1.2080/6速 1.0860

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

14

スプロケット歯数・後

46

47

チェーンサイズ

520

520

標準チェーンリンク数

114

112

フレーム型式

-

ダイヤモンド

キャスター角

25

25°15

トレール量 (mm)

106

104

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

37

32

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

120/70ZR17

120/70ZR17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

58

58

タイヤ(前)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

160/60ZR17

180/55ZR17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

69

73

タイヤ(後)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3.5

3.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

4.5

5.5

ヘッドライトタイプ(Hi)

H7

H4

 

NINJA400R ABS(EBL-ER400B)とGSR400 ABS(EBL-GK7EA)の比較

 

NINJA400RとGSR400の比較の口コミ

 

 

GSR400からNinja400Rに乗り換えたけど、扱いやすさでは確実にNinja400Rの方が上。でもピークパワーはGSR400のが全然上だけど。

 

 

どこかで見たやつにこう書いてた。
14.0秒/0-400m CB400SB
14.6秒/0-400m GSR400
14.8秒/0-400m Ninja400R

 

 

GSR400は、400ccの中で最高峰スペックだし、メーター周りが充実してる。価格が高いのもあるけど、Ninja400RよりGSR400の方が全体的に一段階上のスペック。でもそのスペックの割にデザインの悪さで売れてない。

 

 

GSR400と迷ったけど、ツーリングメインの俺にはカウルが必要だからNinja400Rにした。快適性能では、Ninja400Rの方が上。

 

 

長距離走るのは、Ninja400Rのが絶対楽でしょ。

 

 

この時点の400ccで最高速が一番速いのは、GSR400でノーマルで230km/hかな。(リミッターがかかってない)。Ninja400RやCB400SBは、180km/hでリミッターがかかる。GSR400とCB400SBは、高回転型のエンジンだからそこそこ回して楽しめる。Ninaja400は、あまり高回転まで回すバイクじゃないが低速トルクが太いし、フルカウルだし、価格が安い。

 

 

前から見たらNinja400Rの方が好き、でも後ろから見たらGSR400の方が好き。

 

 

Ninja400Rでも充分なパワーがある。低速トルクがあって公道の実用域のスピードなら普通に速いし、カウルがあるから気兼ねなくスピード出せる。もっとパワーが欲しいならGSR400を買えばいい。

 

 

Ninja400Rは、ツアラーとして優秀。ツアラーで安定した走りをするのがNinja400R。スポーツで高回転まで回すのがGSR400。GSR400の最高速は、大型並みだけど乗りやすさはNinja400のが上。

 

NINJA400RとGSR400の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら