GSX-S1000とGSR750の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

GSX-S1000とGSR750の違いを比較

 

スズキ GSX-S1000の歴史

2015年7月6日に国内仕様の「GSX-S1000 ABS」が新登場。型式は、EBL-GT79A
海外向けに少し遅れて国内仕様が新登場。エンジンは、「GSX-R1000」(海外向けモデル)をベースとした水冷直列4気筒998cm3を搭載。車体色は、2色(グラススパークルブラック×キャンディダーリングレッド、トリトンブルーメタリック)の設定。
2017年3月30日に「GSX-S1000 ABS」をマイナーチェンジ。型式は、2BL-GT79B
平成28年国内新排出ガス規制に対応。最高出力が107kW→109kWへアップ、最大トルクが106N・m→107N・mへアップ。新たにスリッパークラッチを採用。ステップ、ステップブラケット、ハンドルレバー等をブラック化し質感を向上。車体色は、特別色マットブラックメタリックNo.2を新たに設定した全3色(マットブラックメタリックNo.2、グラススパークルブラック×トリトンブルーメタリック、グラススパークルブラック×キャンディダーリングレッド)。
GSX-S1000の「EBL-GT79A」と「2BL-GT79B」の違いの比較は、こちら。
2018年2月15日に「GSX-S1000 ABS」をカラーチェンジ。
新色のパールグレッシャーホワイト×グラススパークルブラック(特別色)を設定。全3色(パールグレッシャーホワイト×グラススパークルブラック、グラススパークルブラック×トリトンブルーメタリック、マットブラックメタリックNo.2)の設定。
2019年2月21日に「GSX-S1000 ABS」をカラーチェンジ。
車体色は、3色(グラススパークルブラック×トリトンブルーメタリック、パールグレッシャーホワイト、マットブラックメタリックNo.2)の設定。
2020年2月20日に「GSX-S1000 ABS」をカラーチェンジ。
車体色は、3色(トリトンブルーメタリック、マットブラックメタリック No.2×オールトグレーメタリック No.3、マットブラックメタリック No.2)の設定。


 

 

スズキ GSR750の歴史

2011年に海外で新登場。
GSR600をフルモデルチェンジした車両。エンジンは、2005年式GSX-R750からの流用でカムプロファイルと吸排気系を見直し、フリクションロスの低減と燃焼効率の向上などで扱いやすさと低中速トルクが向上。フロントサスは、倒立型を装備し、フレームはD型断面のスチール製ツインスパータイプ。
2013年3月21日に逆輸入モデルとして日本でも販売されてきたGSR750ABSの国内販売を開始。型式は、EBL-GR7NA
エンジンの出力特性は、日本国外仕様車と同一で国内750ccクラスで初の100ps超と、60km/h定地走行での燃費30km/Lを達成。車体は、平成13年騒音規制適合のために左側のエンジンカバーとホールなしのリアスプロケットが装備されたが、それ以外は日本国外仕様とほぼ同じ。車体色は、青/白2トーン、黒、白の3色。
2014年4月2日にカラーチェンジ。
カラーリングの変更と「Sエンブレム」の変更。
車体色は、新色の青×銀、継続色の黒、白の3色。
2014年5月8日にカラーを追加して発売。
スズキレーシングマシン伝統の青×白ツートーンカラーを追加。
2015年2月18日にカラーチェンジ。
カラーパーツの一部を変更。変更点は、ハンドルバーの色をマットシルバーに。車体色白のホイール色をブラックに。車体色黒の「GSR」ロゴ色をグレーに変更。
2017年、モデルチェンジにを受けたGSX-S750の日本発売によってGSR750は2017年に日本国内仕様の生産終了が公表された。

 

 

ここでは、
2018年2月15日発売のスズキ GSX-S1000(2BL-GT79B)と
2015年2月18日発売のスズキ GSR750ABS(EBL-GR7NA)と
の違いを比較しました。

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種名

GSX-S1000 ABS

GSR750 ABS

発売日

2018年2月15日

2015年2月18日

全長 (mm)

2115

2115

全幅 (mm)

795

785

全高 (mm)

1080

1060

軸間距離 (mm)

1460

1450

最低地上高 (mm)

140

145

シート高 (mm)

810

815

車両重量 (kg)

209

213

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

4

4

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

998

749

4スト・カム駆動方式

DOHC

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

73.4

72

行程(ピストンストローク)(mm)

59

46

圧縮比(:1)

12.2

12.3

最高出力(kW)

109

78

最高出力(PS)

148

106

最高出力回転数(rpm)

10000

10000

最大トルク(N・m)

107

80

最大トルク(kgf・m)

10.9

8.2

最大トルク回転数(rpm)

9500

9000

燃料タンク容量 (L)

17

17

燃料(種類)

ハイオクガソリン

レギュラーガソリン

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR9EIA-9

CR9EIA-9

点火プラグ必要本数・合計

4

4

搭載バッテリー・型式

FT12A-BS

FT12A-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

3.4

3.85

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

1.553

1.857

2次減速比

2.588

2.47

変速比

1速 2.5620/2速 2.0520/3速 1.7140/4速 1.5000/5速 1.3600/6速 1.2690

1速 2.7850/2速 2.0520/3速 1.6810/4速 1.4500/5速 1.3040/6速 1.1810

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

17

17

スプロケット歯数・後

44

42

チェーンサイズ

525

525

標準チェーンリンク数

116

112

フレーム型式

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

25.00°

25°20

トレール量 (mm)

100

104

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

25.3

30

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

18.7

20.2

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

120/70ZR17

120/70ZR17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

58

58

タイヤ(前)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

190/50ZR17

180/55ZR17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

73

73

タイヤ(後)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3.5

3.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

6

5.5

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

H4

テールライトタイプ

LED

LED

メーター表示

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

アンチロックブレーキ(ABS)有
トラクションコントロール 有

アンチロックブレーキ(ABS)有

 

メーカー希望小売価格(税込み)

1,131,840円(消費税抜き 1,048,000円)

969,840円(消費税抜き 898,000円)

 

GSX-S1000とGSR750の違いを比較
GSX-S1000とGSR750の外観のサイドの比較のGIF動画

 

GSX-S1000とGSR750の比較の口コミ

 

 

まずGSR750に試乗して、その後GSX-S1000に試乗した。重さや足つきは、ほとんど同じ。GSX-S1000のがニーグリップしやすくて、コーナーも安心して曲がれる。サスやブレーキの動きもGSX-S1000の方が良かった。

 

 

デザインはGSR750の方が好き。

 

 

GSR750乗ってるけど、GSX-S1000に試乗してみたら、アクセル捻った瞬間からのやばい加速に恐怖を感じて自分には無理と感じた。

 

 

デザインとメーターは、GSR750のがカッコいいと思うけど、軽さと操作感はGSX-S1000の方が良かった。でもGSR750は、ネイキッドよりでGSX-S1000はそれと別物だから比較するもおかしいけど。

 

 

GSX-S1000は、GSR750と競合する車種ではないし、取り回しだけならハンドルの切れ角が大きくて重心が低いGSR750の方がかなり楽。でもGSR750は、生産終了だから値引きが多いGSR750ならありかも。

 

 

GSR750は乗ったけど、回さなきゃパワーが出ない感じ。自分は、下からトルクの出るエンジンが好きだからGSX-S1000にする。

 

 

GSX-S1000の標準装備のメットロックは、前乗ってたGSR750と角度が少し違ってGSX-S1000のがやりにくい。

 

 

GSR750は、いいバイクだと思う。でもスイングアームが角材なのが嫌。GSX-S1000は、GSRのスイングアームじゃ売れないという教訓が活きてる。

 

 

GSR750乗ってた時は、燃費の24km/Lぐらいだったし、一回だけ30km/Lいったこともあった。ガソリンもレギュラーだから安かった。GSX-S1000は、ハイオクで燃費悪いのが痛いね。街乗りが多いならGSR750でいいかも。

 

 

GSX-S1000は、GSR750より足つきがいい。

 

 

GSR750のがいいタイヤ履いてるね。GSX-S1000は、その分、他に金かけてるけど。

 

 

GSR750は、ハイテク装備は無いけど、燃費が良くてレギュラーだし、フルパニアもできて好きだった。でもGSX-S1000に試乗してみたらパワーあるし、クイクイ曲がるし、音が良いから乗り換えることにした。

 

 

GSX-S1000は、そんなに回さなくても明らかにパワーの違いを感じる。加速は、全然違うよ。

 

 

GSR750とGSX-S1000で迷ったけど、マフラーとブレーキの違いが決め手になってGSX-S1000にした。

 

 

GSR750は、普通のネイキッド。GSX-R1000は、SSよりだから乗車姿勢とかユーターン時のハンドル操作が違う。

 

 

俺としては、GSX-S1000よりGSR750のがシンプルでおもしろく感じたよ。

 

 

俺は、GSR750からGSX-S1000に乗り換えたけど、GSX-S1000のがよく曲がるし、切り返しも楽だよ。

 

 

GSX-S1000は、乗りやすいね。音が最高だし。GSX-S1000に試乗した後にGSR750に乗るとGSX-S1000よりなんかザラザラした乗り味だった。GSR750良かったけどGSX-S1000は、さらに雑味がないって感じで凄くスムーズ。

 

 

純正タイヤの話だけど、前乗ってたGSR750よりGSX-S1000の方がリアタイヤが減るのが早い。ヘタレだから無茶な乗り方はしてない。

 

GSX-S1000とGSR750の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら