Vストローム1000とVストローム1050の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

Vストローム1000とVストローム1050の違いを比較

 

スズキ Vストローム1000 ABSの歴史

2014年6月4日「Vストローム1000 ABS」の国内仕様が新発売。型式は、EBL-VU51A
「Vストローム1000」は、スズキが製造しているデュアルパーパスタイプのオートバイ。欧州で2002〜2009年にかけて「DL1000」の名称で販売。エンジンは、「TL1000」のものを採用し、燃料噴射装置はGSX-Rのものを採用した996ccの排気量と水冷V型2気筒を搭載。2007年にクリアターンシグナルレンズとスイングアームピボットカバーを変更。2013年に排気量を1037ccに上げ、ABSとトラクションコントロールを装備。2013年1月に国内発売されたV-Strom650に続いて、2014年6月4日に日本国内向けの「Vストローム1000 ABS」を発売。スペックは欧州仕様とほぼ同一。車体色は、3色(キャンディダーリングレッド、グラススパークルブラック、パールグレッシャーホワイト)。
2015年12月24日に「Vストローム1000 ABS」をカラーチェンジ。
車体色は、5色(マットフィブロイングレーメタリック(新色)、ミスティックシルバーメタリック(新色)、キャンディダーリングレッド、グラススパークルブラック、パールグレッシャーホワイト)。新色のマフラーカバーは、マットブラックに変更。
2017年6月26日に「Vストローム1000 ABS」をフルモデルチェンジ。また「Vストローム1000XT ABS」をタイプ追加。型式は、2BL-VU51A
デザインがVストローム650と共通に。「モーショントラック・ブレーキシステム」を採用。フロントブレーキ圧が一定以上になるとリアブレーキも自動的に作動。車体色は、3色(チャンピオンイエローNo.2(新色)、パールグレッシャーホワイト、グラススパークルブラック)。
Vストローム1000 ABSの「EBL-VU51A」と「2BL-VU51A」の違いを比較はこちら。
Vストローム1000とVストローム1000XTの違いの比較はこちら。
2018年3月16日に「Vストローム1000 ABS」をカラーチェンジ。
車体色は、3色(オールトグレーメタリックNo.3(新色)、チャンピオンイエローNo.2、パールグレッシャーホワイト)。
2018年3月26日に「Vストローム1000XT ABS」をカラーチェンジ。
車体色は、3色(オールトグレーメタリックNo.3(新色)、チャンピオンイエローNo.2、パールグレッシャーホワイト)。
2019年3月28日に「Vストローム1000 ABS」と「Vストローム1000XT ABS」をカラーチェンジ。
車体色は、3色(キャンディダーリングレッド(新色)、グラススパークルブラック(新色)、パールグレッシャーホワイト)。
2020年4月25日に後継モデルのVストローム1050が新登場。

 

 

スズキ Vストローム1050の歴史

2020年4月25日「Vストローム1050」と「Vストローム1050XT」の国内仕様が新発売。型式は、8BL-EF11M
Vストローム1000の後継モデルでモデル名の数字が1050になったが、排気量は、1000の時と同じ1,036cc。欧州のユーロ5規制、日本の令和2年排出ガス規制に対応し、5kWの出力向上。新たにライドバイワイヤ(電子制御スロットル)を採用し、エンジンモード切り替え機能(スズキドライブモードセレクター)も装備。長距離ライディングでの利便性を向上させた。車体色は、「Vストローム1050」が3色(グラススパークルブラック×ソリッドアイアングレー、グラススパークルブラック×ブリリアントホワイト、グラススパークルブラック)。「Vストローム1050XT」が3色(チャンピオンイエローNo.2、ヘリテージスペシャル、グラススパークルブラック)。
Vストローム1050とVストローム1050XTの違いの比較は、こちら。
2021年3月16日に「Vストローム1050」と「Vストローム1050XT」をカラーチェンジ。
車体色は、「Vストローム1050」が2色(グラススパークルブラック×キャンディダーリングレッド、グラススパークルブラック)。「Vストローム1050XT」が4色(チャンピオンイエローNo.2×グラススパークルブラック、ブリリアントホワイト×グラスブレイズオレンジ、オールトグレーメタリック No.3×グラススパークルブラック、グラススパークルブラック)。

 

 

ここでは、
2019年3月28日発売のスズキ Vストローム1000 ABS(型式 2BL-VU51A)と
2020年4月25日発売のスズキ Vストローム1050(型式 8BL-EF11M)
の違いを比較しました。

 

 

Vストローム1000 ABSとVストローム1050のスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

V-Strom 1000 ABS

V-Strom 1050

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

新登場

型式

2BL-VU51A

8BL-EF11M

発売日

2019年3月28日

2020年4月25日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2280

2265

全幅 (mm)

930

870

全高 (mm)

1470

1515

ホイールベース (mm)

1555

1555

最低地上高(mm)

165

165

シート高 (mm)

850

855

車両重量 (kg)

232

236

最小回転半径(m)

2.9

3

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

32.1

29.2

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

20.5

20.3

原動機型式

U501

U502

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

2

シリンダ配列

V型(L型)

V型(L型)

シリンダバンク角(°)

90

90

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

1036

1036

カム・バルブ駆動方式

DOHC

DOHC

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

100

100

行程(ピストンストローク)(mm)

66

66

圧縮比(:1)

11.3

11.5

最高出力(kW)

73

78

最高出力(PS)

99

106

最高出力回転数(rpm)

8000

8500

最大トルク(N・m)

100

99

最大トルク(kgf・m)

10.2

10.1

最大トルク回転数(rpm)

4000

6000

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料タンク容量 (L)

20

20

燃料(種類)

ハイオクガソリン

-

満タン時航続距離(概算・参考値)

410

584

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

LMAR8BI-9

-

点火プラグ必要本数・合計

2

4

搭載バッテリー・型式

FTZ14S

-

バッテリー容量

12V 40.3kC (11.2Ah)/10HR

-

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

3.5

3.5

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

2.7

-

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

3.1

-

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

-

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

1次減速比

1.838

1.838

2次減速比

2.411

2.411

変速比

1速 3.000/2速 1.932/3速 1.500/4速 1.226/5速 1.085/6速 1.000

1速 3.000/2速 1.932/3速 1.500/4速 1.226/5速 1.085/6速 1.000

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

17

-

スプロケット歯数・後

42

-

チェーンサイズ

525

-

標準チェーンリンク数

116

-

フレーム型式

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

25°30

25°40

トレール量 (mm)

109

110

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

-

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

倒立フォーク

倒立フォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

1

1

タイヤ(前)

110/80R19

110/80R19

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

59

59

タイヤ(前)速度記号

V

V

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

150/70R17

150/70R17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

69

69

タイヤ(後)速度記号

V

V

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

-

ホイールリム幅(前)

2.5

-

ホイールリム形状(後)

MT

-

ホイールリム幅(後)

4

-

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

2.5

-

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.9

-

ヘッドライト定格(Hi)

60W

-

ヘッドライトタイプ(Hi)

H9

LED

ヘッドライト定格(Lo)

55W

-

ヘッドライトタイプ(Lo)

H7

-

テールライトタイプ

LED

LED

スピードメーター表示形式

デジタル

デジタル

メーター表示

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

アンチロックブレーキ(ABS) 有
前後連動式ブレーキ 有
トラクションコントロール 有
DCソケット 有
可変スクリーン 有
キャリア 有

アンチロックブレーキ(ABS) 有
走行モード切り替え 有
トラクションコントロール 有
USBポート 有
可変スクリーン 有
キャリア 有

メーカー希望小売価格

1404,000円

1,430,000円

 

Vストローム1000とVストローム1050の違いを比較

 

Vストローム1000とVストローム1050の外観のサイドの比較のGIF動画

 

Vストローム1000XTとVストローム1050XTの違いを比較

 

 

Vストローム1000とVストローム1050の違いを比較

 

 

今回発売された新型「V-STROM 1050」、「V-STROM 1050XT」は、長距離ツーリングでより快適に走行を楽しむことができるようにエンジン性能を向上し、電子制御システムや装備の充実を図った。

 

 

Vストローム1050の主な特徴

 

  • エンジンは、電子制御スロットルの採用や吸排気タイミングの調整で出力が5kW向上し、欧州のユーロ5規制、日本の令和2年排出ガス規制に対応。
  •  

  • ライドバイワイヤ(電子制御スロットル)を採用し、エンジンモード切り替え機能(スズキドライブモードセレクター)も装備した。(3種から選択可能)トラクションコントロールを装備し、スムーズな発進を補助するローRPMアシストも搭載された。
  •  

  • 水冷Vツインの基本構成は変わらないが、スロットルバイワイヤの採用とスロットル径拡大により約7PSのパワーアップを達成した。
  •  

  • 出力特性を3つの中から選択可能な SDMS(スズキドライブモードセレクター)や3段階から選択可能なトラクションコントロールなど、様々な走行シーンに対応する電子制御システム S.I.R.S(スズキインテリジェントライドシステム)を新たに搭載。
  •  

  • 車体姿勢センサーであるIMUを5軸から6軸に進化。
  •  

  • メーターパネルは、フル液晶化し、視認性を高め、表示できる情報量を大幅にアップ。
  •  

  • スタイリングは、1988年に発売したスズキ初のアドベンチャーバイク「DR750S」をモチーフにしたデザインをより現代風にアレンジ。スポーツアドベンチャーツアラーらしい力強いイメージを強調。
  •  

  • ハンドルにヘルメットホルダーが付いた。

 

 

V-STROM 1050XTの主な特徴

 

  • 「V-STROM 1050XT」には、新採用のクルーズコントロールやヒルホールドコントロールのほか、荷重や下り坂に応じてブレーキを制御するロードディペンデントコントロールやスロープディペンデントコントロールなども搭載した。また、ワイヤースポークホイールやナックルカバーに加え、アルミ製アンダーカウリング、アクセサリーバー、センタースタンド、シート高調整機能、LED 式ターンシグナル、12Vアクセサリーソケットを新たに標準装備した。車体色には「DR750S」をベースとした1988年のパリ・ダカール・ラリー出場マシン「DR-Z(ジータ)」を彷彿とさせる特別色「ヘリテージスペシャル」を設定した。
  •  

  • 「V-STROM 1050XT」は、シート高は、従来と同じ850mmだが着座部がスリム化され、足つきが良くなった。
  •  

  • 「V-STROM 1050XT」は、シートが二段階調整式となり、850mmと830mmに変えられるようになった。

 

 

Vストローム1000とVストローム1050のスペック表の違う部分

 

●タイプグレード名
V-Strom 1000 ABS → V-Strom 1050

 

●発売日
2019年3月28日 → 2020年4月25日

 

●型式
2BL-VU51A → 8BL-EF11M

 

●全長 (mm)
2280 → 2265

 

●全幅 (mm)
930 → 870

 

●全高 (mm)
1470 → 1515

 

●シート高 (mm)
850 → 855

 

●車両重量 (kg)
232 → 236

 

●最小回転半径(m)
2.9 → 3

 

●燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)
32.1 → 29.2

 

●燃料消費率 WMTCモード値(km/L)
20.5 → 20.3

 

●原動機型式
U501 → U502

 

●圧縮比(:1)
11.3 → 11.5

 

●最高出力(kW)
73 → 78

 

●最高出力(PS)
99 → 106

 

●最高出力回転数(rpm)
8000 → 8500

 

●最大トルク(N・m)
100 → 99

 

●最大トルク(kgf・m)
10.2 → 10.1

 

●最大トルク回転数(rpm)
4000 → 6000

 

●満タン時航続距離(概算・参考値)
410 → 584

 

●点火プラグ必要本数・合計
2 → 4

 

●キャスター角
25°30 → 25°40

 

●トレール量 (mm)
109 → 110

 

●ヘッドライトタイプ(Hi)
H9 → LED

 

2019年3月28日発売

 

●商品名
V-Strom1000 ABS(DL1000AL9)
●メーカー希望小売価格
1404,000円(税8%込み)
●車体色
V-Strom 1000 ABS(3色)
・赤「キャンディダーリングレッド」(YYG)
・黒「グラススパークルブラック」(YVB)
・白「パールグレッシャーホワイト」(YWW)

 

●商品名
V-Strom1000XT ABS(DL1000XAL9)
●メーカー希望小売価格
1447,200円(税8%込み)
●V-Strom 1000XT ABS(3色)
・黄「チャンピオンイエローNo.2」(YU1)
・青/白「パールビガーブルー/パールグレッシャーホワイト」(AJP)
・黒「グラススパークルブラック」(YVB)

 

2020年4月25日発売

 

●商品名
V-STROM 1050
●メーカー希望小売価格
1430,000円(税10%込み)
●車体色
V-STROM 1050(3色)
・黒/グレー「グラススパークルブラック/ソリッドアイアングレー」
・黒/白「グラススパークルブラック/ブリリアントホワイト」
・黒「グラススパークルブラック」

 

 

●商品名
V-STROM 1050XT
●メーカー希望小売価格
1518,000円(税10%込み)
●車体色
V-STROM 1050XT(3色)
・黄「チャンピオンイエローNo.2」
・ヘリテージスペシャル(白/オレンジ「ブリリアントホワイト/グラスブレイズオレンジ」)
・黒「グラススパークルブラック」

 

 

モデル名の数字は、「Vストローム1050」になったが、エンジン排気量は1,036ccで「Vストローム1000」の時と変わっていない。

 

 

●車両重量と最高出力と最大トルク
Vストローム1000 ABS 232kg | 99ps/8000rpm | 100N・m/4000rpm
Vストローム1050 236kg | 106ps/8500rpm | 99N・m/6000rpm

 

 

●シート高
Vストローム1000 ABS 850mm
Vストローム1050 855mm

 

 

●タンク容量
Vストローム1000 ABS 20L
Vストローム1050 20L

 

●燃費WMTCモード値
Vストローム1000 ABS 20.5km/L
Vストローム1050 20.3km/L

 

●航続距離
Vストローム1000 ABS 20L × 20.5km/L =410km
Vストローム1050 20L × 20.3km/L =406km

 

 

Vストローム1000乗りだけど、Vストローム1050は、電子装備があるし、なによりカッコイイのが羨ましい。

 

 

新型のVストローム1050は、めっちゃカッコイイね。カクカク感が刺さった。

 

 

Vストローム1050は、当時DR-BIGのデザインをした宮田さんがデザインを担当してる。

 

 

【何が変わった?】Vストローム1050XTが新発売しました!旧型と比較!

 

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら