GSR250とST250Eタイプの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

GSR250とST250Eタイプの違いを比較

 

スズキ GSR250の歴史

2012年7月30日にGSR250が新登場。型式は、JBK-GJ55D
車体色は、3色(パールネブラーブラック、サンダーグレーメタリック、キャンディカーディナルレッド)の設定。
2013年4月30日にGSR250のカラーを追加。
車体色は、新色1色(パールグレッシャーホワイト)と既存色3色(パールネブラーブラック、サンダーグレーメタリック、キャンディカーディナルレッド)の全4色の設定。
2013年7月25日にGSR250のカラーの追加。
新色のトリトンブルーメタリック/パールグレッシャーホワイトが追加され、価格を2万円弱のアップ。
2013年12月27日にGSR250をマイナーチェンジ。
主な変更点は、ミラーステー形状の変更とタンク上のSエンブレムの変更。車体色は、単色3色(パールグレッシャーホワイト、キャンディカーディナルレッド、パールネブラーブラック)とツートン1色(トリトンブルーメタリック/パールグレッシャーホワイト)の全4色の設定。
2014年1月10日にGSR250Sをタイプ追加。
GSR250Sは、GSR250のハーフカウル仕様。ハンドル形状をGSR250より高く手前の位置に変更し前傾の少ない乗車姿勢に。左手元にはハザードランプスイッチを設置。車体色は、2色(トリトンブルーメタリック、パールネブラーブラック)の設定。
2014年7月31日にGSR250をマイナーチェンジ。
サイドカバーに「SUZUKI」デカールを追加。車体色は、単色が新色のトリトンブルーメタリックと既存色のパールネブラーブラックの2色の設定。ツートン色が新色のキャンディカーディナルレッド/パールネブラーブラックと既存色のトリトンブルーメタリック/パールグレッシャーホワイト2色の設定。ツートン色が7月31日発売、単色が9月9日発売。
2014年9月18日にGSR250Fをタイプ追加。
GSR250Fは、GSR250のフルカウル仕様。フロントスクリーンを装備。専用のハンドルポジション。ハンドル周りにブラックの専用塗装を施した。車体色は、2色(パールネブラーブラック、トリトンブルーメタリック/パールグレッシャーホワイト)の設定。
2015年1月26日にGSR250Sをカラーチェンジ。
サイドアッパーカウルをシルバー色に変更、ロゴデカールカラーの変更。車体色は、2色(トリトンブルーメタリック、パールネブラーブラック)の設定。

2017年3月30日にGSR250をカラーチェンジ。
車体色は、4色(パールグレッシャーホワイトNo.2/パールネブラーブラック、トリトンブルーメタリックNo.2/パールネブラーブラック、キャンディカーディナルレッド/パールネブラーブラック、パールネブラーブラック)の設定。この2017年モデル(L7)をもって生産終了となった。

 

 

スズキ ST250の歴史

2003年12月にST250が新登場。型式は、BA-NJ4AA
2004年1月にST250Eタイプが新登場。型式は、BA-NJ4AA
2005年1月にST250とST250Eタイプをカラーチェンジ。
2006年3月にST250とST250Eタイプをカラーチェンジ。
2008年2月にST250Eタイプをマイナーチェンジ。
排出ガス規制対応のため、新たにフューエルインジェクションを搭載
型式は、JBK-NJ4CA
2008年6月にST250Eタイプの特別・限定車を発売。
2012年3月にST250Eタイプをカラーチェンジ。
2012年4月にST250Eタイプのカラー追加。
2012年8月にST250Eタイプをカラーチェンジ。
2014年4月にST250Eタイプをカラーチェンジ。
これが最終モデル。

 

 

ここでは、
2014年9月発売のスズキ GSR250(JBK-GJ55D)と
2012年8月発売のスズキ ST250 Eタイプ(JBK-NJ4CA)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種

スズキ GSR250

スズキ ST250 Eタイプ

発売

2014年9月

2012年8月

型式

JBK-GJ55D

JBK-NJ4CA

全長

2145mm

2070mm

全幅

760mm

750mm

全高

1075mm

1075mm

ホイールベース

1430mm

1375mm

シート高

780mm

770mm

最低地上高

165mm

165mm

総重量

183kg

146kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

スイングアーム

スイングアーム

キャスター角

26°

25°55′

トレール(mm)

105

92

ブレーキ形式(前)

ディスク

ディスク

ブレーキ形式(後)

ディスク

ドラム

タイヤサイズ(前)

110/80-17 M/C 57H

90/90-18 M/C 51S

タイヤサイズ(後)

140/70-17 M/C 66H

110/90-18 M/C 61S

エンジン種類

水冷4ストロークSOHC2バルブ並列2気筒

空冷4ストロークSOHC2バルブ単気筒

総排気量

248cc

249cc

圧縮比

11.5

9.2

ボア

54mm

72mm

最高出力(kW/rpm)

18(24PS)/8500

14(19PS)/7500

最大トルク(N・m/rpm)

22(2.2kgf・m)/6500

21(2.1kgf・m)/5500

始動方式

セル

セル

点火方式

フルトランジスタ

フルトランジスタ

クラッチ形式

湿式多板

湿式多板

変速機形式

6段リターン

5段リターン

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

ウエットサンプ

ウエットサンプ

燃料タンク容量

13.0L

12.0L

燃料消費率(km/L)

40(60km/h)

48(60km/h)

カラー/メーカー小売価格


¥456,840 トリトンブルーメタリック
¥456,840 パールネブラーブラック
¥476,280 キャンディカーディナルレッド/パールネブラーブラック
¥476,280 トリトンブルーメタリック/パールグレッシャーホワイト


¥471,450 キャンディダークチェリーレッド
¥471,450 パールミラージュホワイト/パールネブラーブラック
¥471,450 グラスミッドナイトブラウン

 

 

GSR250とST250Eタイプの違いを比較

 

GSR250とST250Eタイプの比較の口コミ

 

ST250Eは、GSR250よりも価格が高い。GSR250は、デザインと性能がそこそこ両立できてるからいいけどST250Eは、もっと高次元で両立すべき。デザイン重視だから、性能は我慢しろと言える価格じゃない。

 

GSR250は、重いし、ダサいと言わてる。
ST250は、ビジネスバイク。
GSR250は、もっと高出力にしてニンジャと肩を並べるくらいなら売れたのに。
ST250は、真面目な作りで好感がもてるけどもう少しデザインを含めてセンスを向上させてくれればいいのに。

 

2016年5月時点だと新車のST250をgoobikeで見ると本体価格33万円位、支払総額で40万円切るくらいで販売されてる。海外生産で安いと言われてるGSR250より1万円位高い。ただしGSR250は、どこも同じくらい価格だけどST250はバラつきがあってすごく高い店もある。どっちもスズキのメーカー価格の48万円から15万円くらい値引きされていることになる。

 

 

値段が大して変わらないならカウル付きのGSR250の方がいいでしょ。

 

 

GSR250見てるとスズキは、250なんか中国製で十分と思ってそうだから日本製でクラシカルな250ccのST250は、貴重な車種になりつつある。

 

 

高速で楽に巡航したい人には、シングルのST250よりツインでカウル付きのGSR250を選んだ方がいい。

 

 

GSR250の風圧は、ライト形状とシュラウドの効果かST250に乗ってた時よりも明らかに少ない。

 

 

低速のパンチ力はST250の方があったな。高回転の伸びは2気筒だからGSR250が上に決まってるけど。

 

 

ST250は発進加速がいい。
GSR250は、長距離向きのバイク。
カテゴリーが全然違う。

 

 

GSR250とST250は、価格がほとんど同じだね。

 

 

2015年1月時点のシート高。
ニンジャ250、78.5cm
CB223S、78cm
CBR250R、78cm
GSR250、78cm
ST250E、77cm
エストレア、73.5cm
ちなみにST250Eに乗ってる俺は、170cmで両足の踵がちょっと浮くぐらい。

 

 

俺は、ST250からGSR250に乗り換えた。車体の大きさからくる所有感があるし、エンジンがスムーズで高速道路を走るのが格段に楽になった。でも走る楽しさはST250の方が良かった。

 

 

スポーティーでキビキビ走るのは、GSR250よりST250の方だよ。見た目のイメージと違うけど。

 

GSR250とST250Eタイプの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら