XJR1300 CB1100の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

XJR1300 CB1100の違いを比較

 

ヤマハ XJR1300の歴史

1998年3月10日に「XJR1200」の後継モデル「XJR1300」が新登場。
型式は、RPO1J
1998年8月5日に新色のホワイトを追加し発売。
1999年3月5日にカラーリングを変更し発売。
新色は、「ミヤビマルーン」「ディープパープリッシュブルーメタリック」の2種で、従来の「シルバーメタリック1」と「ブルーイッシュホワイトカクテル1」と合わせ全4色の設定。
2000年3月1日にモデルチェンし発売。
主な変更点は、好レスポンスを生む軽量BSRキャブレターの新採用。スポーティな運動性能を実現する超軽量新作ホイール採用と各部軽量設計による8kgの重量低減。新設計小型軽量ブレーキ採用。優れた足つき性と快適な乗り心地を両立させる新TPワイラックスシートの採用。これらによってスポーティな走行性と市街地走行の快適性を向上。また排ガス浄化システム「エア・インダクション・システム」を採用し、二輪車排出ガス規制に適合させた。
型式は、BC−RP03J
2001年3月9日にカラーリングと一部仕様を変更し発売。
変更点は、燃料タンクの「YAMAHA」アルミ立体エンブレム採用(「ブルー」車体を除く)、車体とホイールの塗装色変更。
2001年8月1日にカラーを追加し発売。
新色の「ホワイト」は、シックなホワイト車体にブラックエンジンを搭載。さらにゴールドホイールを採用。
2002年3月8日にカラーを追加し発売。
全世界統一カラーの2002モデルを設定。新色は、ディープパープリッシュメタリックC(ブルー)とブルーイッシュシルバー4(シルバー/ブラック)の2色。継続色のシルバー3(シルバー)と合わせて3色設定。
2003年2月3日にマイナーチェンジをし発売。
マイナーチェンジでは、前後軽量ホイール採用。騒音規制に対応した大容量マフラー採用及びキャブレターセッティング変更。盗難抑止装置イモビライザー標準装備。新作メーター採用。フィット感に優れたディンプル加工シート採用などを行う。車体色は、新色のディープパープリッシュブルーMC(ブルー)とレディッシュイエローカクテル1(イエロー)の2色と継続色のシルバー3(シルバー)の全3色。
2003年12月24日にカラーリングとメーターを変更し発売。
欧州向けモデル共用のメーターを採用。車体色は、全3色ともに新色。ビビッドレッドカクテル1(レッド)とディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)とシルバー3(シルバー)。
2005年2月25日にカラーリングを変更し発売。
2005年モデルのカラー設定は、新色の「ブルー」と「ガンメタ」の2色。
2005年9月20日にヤマハ発動機創業50周年の記念特別仕様モデルの「XJR1300 50th Anniversary Special Edition」を限定200台にて発売。
標準モデルからの変更点は、「USインターカラー」の象徴であるイエローの専用車体色とホワイト&ブラックのストロボパターン専用グラフィック。記念エンブレム。走りを鮮烈に印象づけるイエローピンストライプ付きホイール。ゴールドアルマイト仕上げの前後キャリパーなどの採用。78〜80年に二輪車レース最高峰の世界GP500ccで3連覇を達成したYZR500、70年代後半から80年前半AMAロードレースやスーパークロスを駆けたヤマハレーシングマシンのイメージをかもしだす。
2006年11月30日にモデルチェンジし発売。
主な変更点は、最大トルクを約10%アップ、フュエルインジェクションの採用。新型4-2-1集合マフラー、O2センサー採用三元触媒。専用セッティングの最上級オーリンス製リアサスペンションを採用。フロントサスペンションのセッティング変更。専用セッティングを図った前後ラジアルタイヤを採用。新作シート採用。新作サイドカバー採用。ハンドル位置変更。印象的なデザインのLEDテールライトを採用。高級感あるメーター内ホワイト照明を採用。
型式は、EBL-RP17J
2008年3月30日にカラーリングを追加し発売。
今回の新色のディープレッドメタリックK(レッド)は、各種コンポーネントパーツのブラックアウト化。ピンストライプ入りホイール採用。サイドカバーエンブレム差し色のレッド塗装を施す。車体は、継続色のダークパープリッシュブルーメタリックL(ブルー)、ダークグレーメタリックB(ガンメタ)と合わせて全3色設定。
2009年1月15日にカラーリングを変更し発売。
継続色の「ダークパープリッシュブルーメタリックL」は、各種コンポーネントパーツのブラックアウト化とタンク及びサイドカバーに差し色のレッド塗装を行ない、イメージを一新。 新色の「ブラックメタリックX」は、欧州仕様と同一カラー。
2011年3月20日にカラーリングを変更し発売。
継続色の「ブラックメタリックX」車には、サイドビューにレトロかつモダンなストライプと燃料タンクにYAMAHAロゴのニューグラフィックを採用。新色「ブルーイッシュホワイトカクテル1」には、ホワイトをベースに音叉マークエンブレムを施し、シンプルかつ質感高く仕上げた。エンジンはブラック塗装で統一。
2014年11月10日にカラーを追加し発売。
新色の「シルバーメタリック1」は、アルミ素材を連想させるシルバー塗装の燃料タンクと、ゼッケン「1」をあしらうグラフィックで、レトロレーサーイメージの個性的な外観に仕上げた。

 

 

ホンダ CB1100の歴史

2010年3月11日に「CB1100タイプ1」と「CB1100タイプ1 ABS」が新登場。
アップハンドルのType Iが先に発売。CB1100シリーズは、こだわりを持った大人の価値観に見合うロードスポーツモデルとして開発。型式は、EBL-SC65
2010年6月4日に「CB1100タイプ2」と「CB1100タイプ2 ABS」が新登場。
アップハンドルのType Iに続き、ローハンドルのType Uが発売。
2011年7月12日に「CB1100<Type I>ABS・Special Edition」が受注期間限定で発売。
車体色とサイドカバー色にパールセイレンブルーを採用し、シルバーのエンジンや前後ホイール、色調を変更した車名エンブレムステッカーを組み合わせた。
2012年2月27日に「CB1100」をマイナーチェンジ、更に特別色を施した「CB1100 BLACK STYLE」を発売。
これまでハンドル形状が違う2つのタイプを設定していたが、アップハンドルタイプに統合し車名も「CB1100」となる。マイナーチェンジでは、乗り心地の向上のため、シートに網状のクッション「e-cushion」を国内市販二輪車で初採用。サイドカバーに立体エンブレムを採用。「CB1100 BLACK STYLE」は、車体色に精悍なグラファイトブラックを採用し、エンジン、前後ホイール、リアサスペンションスプリング、フロントフォークボトムケース、サイドカバー、ステップホルダーなどのカラーをブラックで統一し、力強さとワイルド感を強調。
2014年2月20日に「CB1100」をマイナーチェンジ。更にトラディショナルイメージを深めた「CB1100 EX」を新たにタイプ追加し発売。
「CB1100」のマイナーチェンジでは、トランスミッションを従来モデルの5速から6速に変更し、燃費性能の向上と高速走行時の静粛性を向上。また、新たにギアポジション表示や燃費表示を追加した新型のメーターの採用など、各部の熟成を図った。新色のソードシルバーメタリックとパールスペンサーブルーの2種類を設定。「CB1100ブラックスタイル」も同様のマイナーチェンジ。新たにタイプ追加された「CB1100 EX」は、アルミリムのワイヤースポークホイールや2本出しマフラー、17リットル容量の新形状の燃料タンク、専用シートの採用などにより、トラディショナルイメージを深めたモデル。トランスミッションは、マイナーチェンジを行ったCB1100と同じの6速ミッション。マフラーを2本出しとすることにより、力強いエキゾーストサウンドを追求。
2014年4月18日に「CB1100 EX<ABS> E Package」をタイプ設定し発売。
CB1100EX ABSをベースに生産工程でETC車載器とグリップヒーターを組み付けるE Packageを受注生産で発売。メーターには、専用のETC表示ランプと、グリップヒーターのレベルを5段階で表示する機能を設けた。
2015年1月26日に「CB1100 EX<ABS>・特別仕様」を設定し、200台限定で発売。
2本出しマフラーやワイヤースポークホイールの採用などでトラディショナルイメージを深めた「CB1100 EX ABS」にアルミキャストホイール&チューブレスタイヤ仕様を設定。
2016年4月18日に「CB1100Special Edition」と「CB1100 EXSpecial Edition」を受注期間限定で発売。
「CB1100Special Edition」は、空冷4気筒エンジンを搭載した「CB1100」に漆黒を主体色に、白のストライプを組み合わせた特別感のあるカラーリングを追加。フロントフェンダーとリアフェンダー、テールランプボディーにもグラファイトブラックを採用。「CB1100 EXSpecial Edition」は、主体色に上質感のある金属調のチタニウムブレードメタリックを採用。燃料タンクに特別感を演出するダークネスブラックメタリックの新ストライプを採用。シリンダー、クランクケースにブラックを採用、ハブ仕上げのエンジンカバー類がアクセントになり、全体を引き締めて落ち着いた印象を演出。
2017年1月20日に「CB1100」「CB1100 EX」をマイナーチェンジし、スポーティーな走りの「CB1100 RS」を新たに追加し発売。
「CB1100」のマイナーチェンジでは、アシストスリッパークラッチの採用でレバーの操作荷重をこれまでのモデルから約16%低減。サイドスタンドは駐車状態からの引き起こしが楽にできるよう傾斜角が変更された。新設計のマフラーや全タイプにABSを標準装備。「CB1100EX」のマイナーチェンジでは、ABS、ETC車載器、グリップヒーター、インジケーターランプを標準装備。新たにアシストスリッパークラッチが採用され、レバーの操作荷重は約16%低減。またCB1100EXはアップライトハンドルが採用された「TypeI」と、ローハンドルの「TypeU」の2車種で展開。新たに追加された「CB1100 RS」は、スポークホイールのCB1100やEXと違って、17インチのキャストホイールを採用。ハンドル、軽量アルミ製スイングアームは新設計でRSだけの装備。またフロントフォークはショーワ製SDBVを搭載、軽快なハンドリング・ライディングを実現したCB1100シリーズ。
型式は、2BL-SC65
2017年12月21日に「CB1100 RS」にモノトーン調のカラーリングモデルを新たに追加し発売。「ヘビーグレーメタリック-U」を新たに採用。
2018年4月20日に「CB1100シリーズ」のカラーと全車にグリップヒーター、ETC車載器、およびABSを標準装備して発売。

 

 

ここでは、
2014年11月発売のヤマハ XJR1300(EBL-RP17J)と
2014年2月発売のホンダ CB1100(EBL-SC65)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種

ホンダ CB1100

ヤマハ XJR1300

発売

2014年2月

2014年11月

型式

EBL-SC65

EBL-RP17J

全長

2205mm

2175mm

全幅

835mm

765mm

全高

1130mm

1115mm

ホイールベース

1490mm

1500mm

シート高

765mm

795mm

最低地上高

125mm

125mm

乾燥重量

- kg

- kg

総重量

244kg

245kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

スイングアーム

スイングアーム

キャスター角

27°

25°30′

トレール(mm)

114

100

ブレーキ形式(前)

ダブルディスク

ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(前)

110/80R18 M/C 58V

120/70ZR17 M/C 58W

タイヤサイズ(後)

140/70R18 M/C 67V

180/55ZR17 M/C 73W

エンジン種類

空冷4ストロークDOHC4バルブ並列4気筒

空冷4ストロークDOHC4バルブ並列4気筒

総排気量

1140cc

1250cc

圧縮比

9.5

9.7

ボア

74mm

79mm

最高出力(kW/rpm)

65(88PS)/7500

74(100PS)/8000

最大トルク(N・m/rpm)

93(9.5kgf・m)/5000

108(11kgf・m)/6000

始動方式

セル

セル

点火方式

フルトランジスタ

トランジスタ

クラッチ形式

湿式多板

湿式多板

変速機形式

6段リターン

5段リターン

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

圧送飛沫併用

ウエットサンプ

燃料タンク容量

14.0L

21.0L

燃料消費率(km/L)

30(60km/h)・18.9(WMTCモード)

21(60km/h)

カラー/メーカー小売価格

¥1,029,000 パールスペンサーブルー ¥1,029,000 ソードシルバーメタリック

¥1,112,400 シルバーメタリック1 ¥1,112,400 ブラックメタリックX

 

 

外観

 

cb1100

 

 

 

xjr1300

 

 

 

メーター

 

CB1100

XJR1300

二眼メーターには、シフトポジション表示や逆算燃費計を採用し、文字盤を専用カラーとした。

ホワイトLEDによってブラックの文字盤にホワイトの数値や目盛りが浮かび上がる2連式メーター。輝度調整機能は、夜間、輝度を明るく調整することで視認性向上が向上します。発光指針のスピード&タコメーターは、ともに真下から振れ上がるエキサイティングな設定。パネル中央にレイアウトされた液晶表示パネルは3段表示で、それぞれ時計、フューエルメーター、オドメーター/ツイントリップメーターを表示。

 

 

 

シート

 

CB1100

XJR1300

足つき性を追求したシンプルでスリムなデザインのダブルシート。

居住性とサポート性の丁度良いバランスを求めて、スポンジの硬度・弾性・形状を最適化しました。走行時のフィット感を高めて優れた乗り心地になっている。また、少し前方へ配置したハンドルグリップ位置によって、スポーティなライディングポジションを実現した。

 

 

 

xjr1300 cb1100の口コミ比較

 

 

デザインは比較するまでもなくXJRでしょう。しかし性能だとやっぱりCB1100は、優秀です。ただバイクに愛着を持つなら性能より見た目で選んだ方が良いと思います。

 

試乗でCB1100に乗りりましたが私は体が大き過ぎるのでCB1100はシート低すぎたので諦めました。CB1100とXJR1300を迷っているとXJR1300にした方が良いとよく言われます。XJR1300は、プロからビギナーまで評判が良いみたいですね。

 

私のイメージでは、乗り易さではCB1100、バイクに乗ること自体を楽しむならXJRだと思います。スピードが速くなるとXJRの方が乗ってて楽しいでしょう。CB1100の方が楽なんだけど楽すぎだけでなく静かすぎて私には教習車に乗ってるみたいで刺激がありません。しかし、XJRは熱くなります。夏は、渋滞では、熱くてやばいです。厚手のジーパンなどが必要です。それ以外は体型に合うかどうかですね。バイクとしてはCB1100の方が良く出来てると思います。

 

おそらくCB1100の方が工業製品としてすぐれていると理解した上で、XJRを選びます。「頑張ってこんなの作りました、少し未完成かもしれませんが」って感じの方が私は惹かれます。なんか、ヤマハ・スズキにはそんな感じを受けてしまいます。

 

いずれも良いバイクです。ただ社外品の部品やタイヤの選択肢がたくさんあり、純正状態でもサスの設定で乗り味を変えられるのがXJR1300です。CB1100はタイヤの選択肢が少ないですし、純正状態の サスペンションは、設定範囲が狭いです。ポジションは、CB1100は、アップライト姿勢の強いもので、XJR1300は少しだけCB1100より前傾しています。 XJR1300のほうがリッターバイク独特の重さとドカンという加速感を楽しめます。CB1100は、リッターバイクの重さ感がなく、スムーズな加速感です。

 

この2台ならXJR1300を選ぶ。デザインも良いし乗りやすい。CB1100は、デザインがいまひとつ好みではないし、ハンドリングが重い。CB1300SFより重いのはどうかと思う。

 

高速ではXJR1300の方が横風にも強く、姿勢も少しだけ前傾姿勢なので楽です。 この2つで選ぶならXJR1300です。元隼乗りにはXJR1300もCB1100も少し刺激が足りないと感じるかもしれません。

 

短足の自分はCB1100に傾いてしまいがちですがタンク容量の違いとCB1100がナナハンの生まれ変わりという理由からXJR1300になるのです。ハイオクがきついですが・・・

 

自分だったらXJR1300にするでしょう。ヤマハのハンドリングが好きなので。ホンダは、エンジンがモーターのようにスムーズに回るので、いまいち好きでないです。 逆にこのスムーズさでホンダのエンジンが好む人もいます。 「ハンドリングのヤマハ、エンジンのホンダ」と以前から言われていますが、最近でもその通りの印象です。

 

フィルター交換は、XJR1300がインナー式。CB1100はカートリッジ式。カートリッジ式の方が楽です。

 

CB1100の方がより低速に重点を置いている印象、高速だとXJR1300の方がスムーズに伸びます。乗っている際に大型車に乗っていると感じるのはXJR1300。CB1100はコンパクトにまとまっている感じが良いです。シートは、CB1100は、足つき重視なので乗り心地が今一つです。長時間乗っていると、お尻が痛いです。

 

どっちか選べと言われたら間違いなくXJR1300です。XJR1300は、重い空冷4発ですが思ったより乗りやすいし、少しいじれば130馬力になります。CB1100は、中型に見えてしまいますし、中途半端なリッターバイクのような気がします。あの細い18インチのタイヤもあまりありませんしCBにするなら水冷4発のCB1300SBにした方が良いと思います。重心が高く扱いづらかったCB1000と比較しても実に扱い易く、乗り易いバイクです。カウルもついているので高速ツーリングですごく有効です。

 

 

 

元XJR1300乗りだけどエンジンのフィーリングと燃費は、CB1100の方がいい。ワインディグの楽しさは、XJR1300の方がいい。

 

 

これまで乗ってきた大型二輪の加速の比較だと「CB750 < CB1100 < XJR1300」。もちろんCB750やXJR1300は教習車じゃなくて、普通の市販仕様。教習仕様は、吹き上がり悪いから比較対象外。

 

 

XJR1300からCB1100に乗り換えたけど迫力やパワーは、2割減だな。CB1100は、技量を必要としない誰でも乗れるおとなしいバイク。

 

 

CB1100RSとXJR1300で悩んでる。6速あるし装備は、CB1100RSの方が良いと思う。

 

XJR1300とCB1100RSの走りでの大きな違いは、エンジン特性の違いによるもの。自分は、どっちも乗ったことあるけどCB1100RSの方がマッタリして乗るのが楽しかった。XJR1300でもマッタリできないことはないが、なんか急かされる感じがあって気持ち良くマッタリって感じではない。元気良く走らせたらどっちも面白いけど、楽しもうと思ったら制限速度を超えちゃう。

 

 

どちらもホンダのビッグネイキットマルチなんで空冷か水冷の好みで選べばいい。

 

重さが嫌になって乗り換える人が多いけど、それはXJR1300もCB1100も同じ。ただ足を付いてる時ぐらいしか重さを痛感できないし、リッターオーバーになると重さより足付きやシートの幅が重要になってくる。ちなみに俺は、XJR1300に乗ってたが大きくて重くてもてあましてしまいCB1100に乗り換えた。

 

 

CB1100は、無印かEXeパケでも重量が結構違う。無印の方がEXeパケより15kg軽くてXJR1300と同じ位。

 

 

俺の体感的な話だけど、CB1100よりXJR1300やCB1300STの方が軽く感じた。

 

 

XJR1300(実際は1284cc) と比較してCB1100(実際は1140cc)との排気量差は、144ccしかない。

 

 

CB1100とXJR1300の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら