Z250の「JBK-ER250C」と「2BK-EX250P」の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

Z250の「JBK-ER250C」と「2BK-EX250P」の違いを比較

 

カワサキ Z250の歴史

2013年4月15日に「Z250」が新登場。型式は、JBK-ER250C
車体色は、2色(フラットエボニー、パールスターダストホワイト)の設定。
2014年3月1日に「Z250」がカラーチェンジ。
車体色は、2色(パールスターダストホワイト×メタリックフラットスパークブラック、キャンディバーントオレンジ×メタリックフラットスパークブラック)の設定。
2015年5月15日にマイナーチェンジされ「Z250 ABS」が発売。
ABSとアシスト&スリッパークラッチ付きの「Z250 ABS」を発売。価格は553,500円で2014年モデルより65,250円アップ。
車体色は、2色(キャンディプラズマブルー×メタリックスパークブラック、メタリックムーンダストグレー×メタリックフラットスパークブラック)の設定。
2016年2月1日に「Z250 ABS」をカラーチェンジ。
車体色は、1色(メタリックスパークブラック×メタリックフラットスパークブラック)の設定。
2017年5月15日に「Z250 ABS」をカラーチェンジ。
車体色は、1色(メタリックグラファイトグレー)の設定。
2017年5月15日に「Z250 ABS Special Edition」を発売。
Special Editionは、「キャンディフラットブレイズドグリーン×メタリックスパークブラック」の専用色とゴールドホイールの採用とZパターンの表皮を持つフロントシートを採用。
2019年2月15日にフルモデルチェンジされ「Z250」が発売。型式は、2BK-EX250P
エンジンは全回転域での出力向上した新設計のパラツインエンジンを搭載。前のモデル比最高出力が4kW向上。Ninja H2からインスパイアされたトレリスフレームを採用し車重が6kg軽くなった。ホイールベースは40mm短くなったがスイングアームは、長くなった。足回りは、φ41mm正立フォークを採用。ブレーキもZ1000と同径のφ310mmセミフローティングペタルディスクを採用。アシスト&スリッパークラッチは、引き継ぎ、ヘッドライトはLED化された。ETC2.0車載器はオプション設定。車体色は、2色(パールスターダストホワイト×メタリックスパークブラック、キャンディカーディナルレッド×メタリックフラットスパークブラック)の設定。
2019年11月1日に「Z250」をカラーチェンジ。

車体色は、2色(メタリックマットグラファイトグレー×メタリックスパークブラック、キャンディスチールファーニスオレンジ×メタリックスパークブラック)の設定。

 

 

ここでは、上の黄色の部分
2017年5月15日発売のカワサキ Z250 ABS(JBK-ER250C)と
2019年2月15日発売のカワサキ Z250(2BK-EX250P)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

Z250 ABS

Z250

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

フルモデルチェンジ

型式

JBK-ER250C

2BK-EX250P

発売日

2017年5月15日

2019年2月15日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2015

1990

全幅 (mm)

750

800

全高 (mm)

1025

1060

ホイールベース (mm)

1410

1370

最低地上高(mm)

145

145

シート高 (mm)

785

795

車両重量 (kg)

170

164

最小回転半径(m)

2.4

2.6

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

38

37

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

25.7

27.2

原動機型式

EX250LE

EX250PE

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

2

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

248

248

カム・バルブ駆動方式

DOHC

DOHC

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

62

62

行程(ピストンストローク)(mm)

41.2

41.2

圧縮比(:1)

11.3

11.6

最高出力(kW)

23

27

最高出力(PS)

31

37

最高出力回転数(rpm)

11000

12500

最大トルク(N・m)

21

23

最大トルク(kgf・m)

2.1

2.3

最大トルク回転数(rpm)

8500

10500

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料タンク容量 (L)

17

14

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR8E

SILMAR9B9

点火プラグ必要本数・合計

2

2

搭載バッテリー・型式

YTX9-BS

FTX9-BS

バッテリー容量

12V-8Ah

12V-8Ah

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

2.4

2

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

2

1.3

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

2.2

1.7

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

ドレンボルト呼び径(mm)

-

12

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

1次減速比

3.086

3.068

2次減速比

3.142

2.857

変速比

1速 2.599/2速 1.789/3速 1.409/4速 1.136/5速 1.000/6速 0.893

1速 2.769/2速 1.894/3速 1.500/4速 1.240/5速 1.074/6速 0.959

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

14

14

スプロケット歯数・後

44

41

チェーンサイズ

520

520

標準チェーンリンク数

108

106

フレーム型式

ダイヤモンド

トレリス

キャスター角

26

24.5°

トレール量 (mm)

82

92

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

正立フォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

1

1

タイヤ(前)

110/70-17

110/70ZR17

タイヤ(前)構造名

バイアス

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

54

54

タイヤ(前)速度記号

H

H

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

140/70-17

140/70ZR17

タイヤ(後)構造名

バイアス

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

66

66

タイヤ(後)速度記号

H

H

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

2.75

3

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

4

4

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

-

2

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

-

2.25

ヘッドライト定格(Hi)

55W

LED

ヘッドライトタイプ(Hi)

H7

-

テールライト定格(制動/尾灯)

21/5W

LED

スピードメーター表示形式

デジタル

デジタル

メーター表示

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

アンチロックブレーキ(ABS) 有

アンチロックブレーキ(ABS) 有
スリッパークラッチ 有

メーカー小売価格

553,500円

597,240円

 

Z250(JBK-ER250C)とZ250(2BK-EX250P)の違いを比較

 

Z250の「JBK-ER250C」と「2BK-EX250P」の違いを比較

 

 

Kawasaki Z250 (2013) バイク試乗インプレ・レビュー Short Review

 

Kawasaki Z250 (2019) Test Ride Vol.1 カワサキ 新型Z250 バイク試乗インプレ・レビュー

 

Kawasaki Z250 (2019) Test Ride Vol.2 カワサキ 新型Z250 バイク試乗インプレ・レビュー

 

Kawasaki Z250 (2019) Test Ride Vol.3 カワサキ 新型Z250 バイク試乗インプレ・レビュー

 

 

Z250(JBK-ER250C)とZ250(2BK-EX250P)の比較の口コミ

 

 

6年ぶりのフルモデルチェンジだね。

 

 

先代のZ250が「アグレッシブ・ストリート・ファイター」を提唱してたけど、新型Z250は、Z1000が持つ「Sugomi」スタイリングにインスパイアを受けた新しいボディワーク。

 

 

新型は、新設計のパラツインエンジンを搭載。大容量のエアクリーナーボックスとダウンドラフト構造の吸気レイアウトを採用し、吸気効率を高めた。全回転域で出力が向上してる。鍛造カムシャフトの採用、ギヤ類の肉抜き、クランクの軽量化、冷却経路の簡素化などでエンジン各部を軽量化&簡素化した。旧型と同等のサイズを実現。

 

●旧型
最高出力23kW(31PS)/11,000rpm
最大トルク21N・m(2.1kgf-m)/8,500rpm

 

●新型
最高出力27kW(37PS)/12,500rpm
最大トルク23N・m(2.3kgf-m)/10,500rpm

 

 

ホイールベースは、新型になって、1410mm→1370mmと40mm短くなったけど、スイングアームは長くなった。

 

 

ヘッドライトも旧型のバルブ(55W)から新型は、新設計LEDヘッドライトになった。
光量が大きく向上して、照射範囲も拡大されてる。
見た目もシャープで視認性も良い。
テールランプもLEDになって旧型よりシャープなデザインになった。

 

 

旧型のメーターは、大型アナログタコメーターとマルチファンクションLCDを組み合わせたメーターでLCDパネルには、デジタルスピードメーター、時計、燃料計、デュアルトリップメーター、オドメーター、エコノミカルライディングインジケーターを表示。
旧型のメーターは、「Z650」と同様のインストゥルメントパネルを採用。ギヤポジションインジケーターを内蔵したアナログタコメーターを中央に見やすく配置し、その脇にマルチファンクションLCDスクリーン。スクリーンには、スピードメーター、オドメーター、デュアルトリップメーター、燃料計、航続可能距離、瞬間/平均の燃費、水温、時計、エコノミカルライディングインジケーターが表示可能。

 

 

新型のフレームは、「Ninja H2」からインスパイアされたというトレリス構造のフレームを採用。先進解析技術に基づくフレーム剛性の最適化と大幅な軽量化を実施し、車両重量が170kg→164kgとなり、6kg軽くなった。軽快かつ優れた安定性と高い操作性を実現。

 

 

新型になってエンジンとフレームの両方が完全新設計となり、エンジン搭載位置を最適化した結果、ショートホイールベース化とロングスイングアームが装備された。小さめのキャスター角と相まって、より軽快で自然なハンドリングになった。

 

 

新型は、旧型より小径化したクラッチプレートと、剛性を最適化したオペレーションプレートを採用したニューアシスト&スリッパークラッチが装備された。これで後輪のホッピングやスリップを低減し、車体姿勢を安定させ、より軽い力でのクラッチ操作が可能となった。

 

 

新型は、足回りでも大型モデル並みの高剛性のφ41mm正立フォークが採用されたし、フロントブレーキも「Z1000」と同径のφ310mmセミフローティングペタルディスクを装備してる。さらに優れた操作性を実現する新ブレーキマスターシリンダー、径や材質を最適化したブレーキホース、コンパクトな最新ABSユニットを採用して制動力が向上してる。

 

 

シート高は、旧型が785mm。新型が795mmで10mm高くなったけど、旧型より幅が30mm狭められて、足つき性は、旧型より良くなった。

 

 

発売日 2017年5月15日
車名(通称名) Z250 ABS
モデルイヤー 2017
マーケットコード ER250DHF
型式 JBK-ER250C
型式指定・認定番号 II-334
メーカー希望小売価格 553,500円(税込)
車体色
メタリックグラファイトグレー(GY1)

 

発売日 2019年2月15日
車名(通称名) Z250
マーケットコード ER250EKF
型式 2BK-EX250P
型式指定・認定番号 II-359
メーカー希望小売価格 597,240円(税込)
車体色
キャンディカーディナルレッド×メタリックフラットスパークブラック(RD1)
パールスターダストホワイト×メタリックスパークブラック(WT1)

 

 

バイク屋に新型と旧型のZ250が並んで置いてあったけど、旧型の方がカッコ良かった。どっちもオモチャ感があったけど旧型の方が高級ぽく見えた。新型は、少し小さくなったね。

 

 

2019年8月時点で、2017年モデルの新車の在庫が2019年モデルより8万円も安く売ってた。予算を考えたら前のモデルに惹かれてしまう。

 

Z250の買取相場をチェック

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら