MT-09とトレーサー9GTの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

MT-09とトレーサー9GTの違いを比較

 

ヤマハ MT-09の歴史

2014年4月10日に「MT-09」が新登場。型式は、EBL-RN34J
エンジンは、直列3気筒120°クランクでヤマハのGX750などに採用されていた構造だが、トルクの感覚を重視した「クロスプレーンコンセプト」に基づき完全に刷新。車体構成は、左右分割式のアルミフレームなど徹底的な軽量化と全体のダウンサイジングを図り、車重や大きさは発売時の日本国内400ccクラス車両に匹敵するスペック。またABS標準装備の「MT-09A」も発売。
2015年3月10日に「MT-09 ABS」に新色を設定し発売。
新色は、「マットシルバー1」。「MT-09 ABS」はホイールとフォークアウターチューブをレースブルーとした。
2016年2月10日に「MT-09」の新色を発売。
車体色に新色のディープレッドメタリックKを設定。 
2016年3月1日にABSを装備する「MT-09 A」にTCS(トラクションコントロールシステム)を新たに採用するともに、「MT-09A」の新色を発売。
車体色に新色のマットシルバー1とディープレッドメタリックKを設定。 
2017年2月15日に「MT-09 ABS」をマイナーチェンジして発売。型式は、2BL-RN52J
レバー操作荷重を低減するアシスト&スリッパークラッチを採用。滑らかにシフトアップできるクイック・シフト・システムを採用。圧側減衰の調整機能を追加したフロントサスペンションを採用。フローティング風懸架のLED4灯ヘッドランプで軽快さを印象づけるフロントビューに。塊感&力感のあるサイドビュー。ショートテールを実現するライセンスプレート懸架を兼ねたアルミ鍛造製ステーの片持ちリアフェンダーなどを採用。
MT-09の「EBL-RN34J」と「2BL-RN52J」の違いを比較
2018年3月20日に「MT-09 ABS」の上級仕様として「MT-09 SP ABS」を設定し発売。また、「MT-09 ABS」のカラーリングを変更し発売。
「MT-09 SP ABS」の主な特徴は、スペシャル仕様のKYB製フロントサスペンションの装備。OHLINS製フルアジャスタブルリアサスペンションの装備。質感を感じるダブルステッチ入りシートの採用。引き締まった印象を与えるブラックバックのデジタルメーターの採用。上級仕様としての存在感を強調したカラーリングの採用。
MT-09とMT-09SPの違いを比較は、こちら。
2019年4月1日に「MT-09 ABS」と「MT-09 SP ABS」をカラーチェンジし発売。
車体色は、「MT-09 ABS」が新色のマットライトグレーメタリック4と従来色のディープパープリッシュブルーメタリックCとマットダークグレーメタリック6をあわせた3色の設定。「MT-09 SP ABS」がブラックメタリックXの1色の設定。

2020年2月25日に「MT-09 ABS」と「MT-09 SP ABS」をカラーチェンジして発売。
車体色は、「MT-09 ABS」が新色のディープパープリッシュブルーメタリックCと従来色のマットライトグレーメタリック4とマットダークグレーメタリック6をあわせた3色の設定。「MT-09 SP ABS」は、継続色のブラックメタリックXの1色の設定。
2021年7月28日に「MT-09 SP ABS」をフルモデルチェンジして発売。型式は、8BL-RN69J
平成32年(令和2年)規制に適合。エンジンは、ピストンストロークを59mmから62.1mmへ延長し、排気量を888ccにまで拡大。最低肉厚1.7mmの軽量アルミ製デルタボックスの新型フレームを採用。電子制御系では、クイックシフター(シフトアシスト機構)が、従来のアップだけでなくダウンシフトにも対応。コーナーリングABSやスライドコントロールなどを搭載。「MT-09 SP ABS」は、オーリンズ製のリアサスペンションなどを採用した「MT-09 ABS」の上級仕様。車体色は、1色(ブラックメタリックX)。
2021年8月26日に「MT-09 ABS」をフルモデルチェンジして発売。
上記の「MT-09 SP ABS」と同様の変更。車体色は、3色(パステルダークグレー、ディープパープリッシュブルーメタリックC、マットダークグレーメタリック6)。
MT-09の「型式 2BL-RN52J」と「型式 8BL-RN69J」の違いを比較は、こちら。

 

 

ヤマハ MT-09トレーサーABSの歴史

2015年2月10日に「MT-09」をベースに開発した「MT-09 トレーサー ABS」を新発売。型式は、EBL-RN36J
「MT-09 トレーサー ABS」の主な特徴は、滑らかな発進性・走行性をサポートするトラクションコントロールシステム。レイヤー構造を取り入れたフロントカウルやハンドルカバー等によるツーリング時の快適性の向上。高さの調整ができるハンドル・シート・フロントスクリーン。視認性の高い多機能メーターパネル。フルLEDヘッドライトなど。
2016年4月15日に「MT-09 トレーサー ABS」に新色を設定して発売。
新色は、「ダークブルーイッシュグレーメタリック8」。
2017年2月15日に「MT-09 トレーサー ABS」に新たにA&S(アシスト&スリッパー)クラッチを搭載し、新色を設定して発売。型式は、2BL-RN51J
2018年4月20日に「MT-09 トレーサー ABS」をマイナーチェンジし、「トレーサー900 ABS」を発売。
マイナーチェンジを行った「トレーサー900 ABS」の主な特徴は、形状変更と表面積を拡大した新型フロントスクリーンを装備。新設計ハンドルバー/ブラッシュガードの装備。快適性に貢献する新しい前後シートの設定。サイドケースの装着に配慮しつつ、サイドカバー形状と調和したサイドケース用マウントの設定。新設計の高剛性リアアームの設定。優れた整流効果など快適なツーリング性能を生み出しつつ、質感を高めた新しいスタイリングなど。
MT-09トレーサーとトレーサー900の違いを比較は、こちら。
2018年6月15日に上級バリエーションとして走行性能や装備充実を図った「トレーサー900 GT ABS」を追加設定し発売。
「トレーサー900 GT ABS」は標準モデルをベースにサスペンション性能の向上と調整範囲を広げるフルアジャスタブルフロントフォークの搭載。プリロード調整可能なリモート操作機構採用のリアサスペンションの搭載。フルカラーTFT液晶マルチファンクションディスプレイの採用。クルーズコントロールシステムの採用。グリップウォーマーの搭載など。
トレーサー900とトレーサー900GTの違いの比較は、こちら。
2020年2月25日に「トレーサー900 GT ABS」と「トレーサー900 ABS」をカラーチェンジして発売。
「トレーサー900 GT ABS」は、3色(マットダークグレーメタリック 6(新色)、ブラックメタリック X(継続)、マットダークパープリッシュブルーメタリック 1(継続)。「トレーサー900 ABS」は、2色(マットダークグレーメタリック 6(新色)、マットブルーイッシュグレーメタリック 3(新色))。
2021年7月28日に「TRACER9 GT ABS」が新登場。型式は、8BL-RN70J
「TRACER900」がフルモデルチェンジされ「TRACER9」を発売。平成32年(令和2年)規制に適合。エンジンは、ピストンストロークを59→62.1mmへ延長し、排気量が888ccに拡大。アルミ製デルタボックスの新型フレームを採用。日本市場では、電子制御式のセミアクティブサスペンションを搭載した上級グレードの「GT」を導入。「TRACER9 GT」のシートは、海外のベースモデルと異なり厚さのあるタンデムシートを採用。車体色は、3色(ブルーイッシュホワイトメタリック2、ビビッドレッドソリッドK、マットダークグレーメタリック A)。
トレーサー900GTとトレーサー9GTの違いの比較は、こちら。

 

 

 

2021年7月28日に「トレーサー9GT ABS」が日本で発売されました。そこで2021年8月26日にフルモデルチェンジした「MT-09 ABS」との違いを比較しました。

 

 

ここでは、
2021年8月26日発売のヤマハ MT-09 ABS(型式 8BL-RN69J)と
2021年7月28日発売のヤマハ トレーサー9GT ABS(型式 8BL-RN70J)
の違いを比較しました。

 

 

MT-09とトレーサー9GTのスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

MT-09 ABS

TRACER9 GT ABS

モデルチェンジ区分

フルモデルチェンジ

フルモデルチェンジ

型式

8BL-RN69J

8BL-RN70J

発売日

2021年8月26日

2021年7月28日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2090

2175

全幅 (mm)

795

885

全高 (mm)

1190

1430

ホイールベース (mm)

1430

1500

最低地上高(mm)

140

135

シート高 (mm)

825

810

シート幅補足

-

825mm

車両重量 (kg)

189

220

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

30.4

30.5

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

20.4

20.4

原動機型式

N718E

N718E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

3

3

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

888

888

カム・バルブ駆動方式

DOHC

DOHC

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

78

78

行程(ピストンストローク)(mm)

62

62

圧縮比(:1)

11.5

11.5

最高出力(kW)

88

88

最高出力(PS)

120

120

最高出力回転数(rpm)

10000

10000

最大トルク(N・m)

93

93

最大トルク(kgf・m)

9.5

9.5

最大トルク回転数(rpm)

7000

7000

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料タンク容量 (L)

14

18

燃料(種類)

ハイオクガソリン

ハイオクガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

425.6

549

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

搭載バッテリー・型式

YTZ10S

YTZ10S

バッテリー容量

12V-8.6Ah 10HR

12V-8.6Ah 10HR

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

3.5

3.5

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

1次減速比

1.68

1.68

2次減速比

2.812

2.812

変速比

1速 2.571/2速 1.947/3速 1.618/4速 1.379/5速 1.190/6速 1.036

1速 2.571/2速 1.947/3速 1.618/4速 1.379/5速 1.190/6速 1.036

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

16

16

スプロケット歯数・後

45

45

フレーム型式

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

25°00

25°00

トレール量 (mm)

108

108

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

倒立フォーク

倒立フォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

1

1

タイヤ(前)

120/70ZR17

120/70ZR17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

58

58

タイヤ(前)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

180/55ZR17

180/55ZR17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

73

73

タイヤ(後)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

LED

テールライトタイプ

LED

LED

スピードメーター表示形式

デジタル

デジタル

メーター表示

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
走行モード切り替え 有
トラクションコントロール 有
スリッパークラッチ 有
シフトアシスト機構(クイックシフター) 有

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
走行モード切り替え 有
トラクションコントロール 有
スリッパークラッチ 有
シフトアシスト機構(クイックシフター) 有
サスペンション電子制御機構 有
グリップヒーター 有
可変スクリーン 有

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

1,100,000円(本体価格 1,000,000円/消費税 100,000円)
パステルダークグレー(グレー)、
ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)、
マットダークグレーメタリック6(マットダークグレー)

1,452,000円(本体価格 1,320,000円/消費税 132,000円)
ブルーイッシュホワイトメタリック2(シルバー)、
ビビッドレッドソリッドK(レッド)、
マットダークグレーメタリックA(マットグリーニッシュグレー)

販売計画台数(国内・年間)

シリーズ合計1,400台(「MT-09 ABS」と「MT-09 SP ABS」の合計)
ヤマハ MT-09の年間販売計画台数の推移は、こちら。

1,000台

 

MT-09とトレーサー9GTの違いを比較

 

MT-09とトレーサー9GTの外観の左サイドの違いを比較

 

MT-09とトレーサー9GTの外観の右サイドの違いを比較

 

MT-09とトレーサー9GTの装備の違いを比較

 

MT-09とトレーサー9GTの違いを比較

 

 

「TRACER9 GT ABS」は、エンジン・車体ともに大幅に進化・軽量化した2021年モデルの「MT-09 ABS」をベースに、高いスポーツ性能とツーリングなど多用途に使える実用機能を磨きながら、軽量化技術を織り込み、同クラス最軽量級の車両重量を実現。新しい「TRACER」の世界を提唱するスタイリングを採用。

 

 

「MT-09 ABS」は、ネイキッドスポーツ。
「TRACER9 GT ABS」は、専用設計のリアフレームとスイングアームやKYB製の電子制御サスペンションなどを装備するスポーツツアラー。

 

 

「TRACER9 GT ABS」は、

 

2021年モデルの「MT-09 ABS」のフレームをベースに「TRACER9」用に専用チューニングを施した新フレームを採用。ヘッドパイプ手前のステーや、シリンダーヘッド左右のエンジン懸架ブラケットをチューニングし、剛性バランスをスポーツツアラーとして最適化した。

 

リアフレームを専用設計し、高速安定性やタンデム居住性を確保した。

 

リアアームも専用設計し、アルミパネルを溶接したボックス構造で、高い剛性と軽量化を両立。それによってトラクションをライダーに伝え、高速走行時、旋回時の安心感に寄与。

 

ステーやブラケットの専用チューニングと合わせて、積載時の直進安定性、旋回性も向上。さらに純正アクセサリーのサイドケース、トップケースの計3バッグを搭載可能とし、積載性も向上。  

 

 

「TRACER9 GT ABS」のデザインは、
意匠のための要素をなるべく取り除いて、旅をするための機能を最優先にしたスタイリングにした。「MT-09 ABS」が持つ凝縮感のあるプラットフォームをもとに、スクリーン、フロントカウル、ブラッシュガードなど最適なウインドプロテクションのための機構をコンパクトにまとめ、専用設計した灯火器の採用。

 

ウインドプロテクションを向上させる新デザインスクリーンやフロントカウルで目的地へ向かう推進力を表現。コンパクトなブラッシュガードやフローティングさせた3.5インチダブルTFTメーターは、広い視界やハンドル切れ角の可動範囲の確保に貢献し、旅の中での軽快なハンドリングや風景を楽しめそうな雰囲気を醸し出す。

 

 

「TRACER9 GT ABS」には、スポーツ性と乗り心地の両立を図るため、KYB社と共同開発の電子制御サスペンション「KADS(KYB Actimatic Damper System)」を採用。「IMU」と「ECU」、「HU(Hydraulic unit)」の情報に基づき、「SCU(サスペンションコントロールユニット)」が走行中に減衰レベルを自動調整する仕組み。また、減衰力の調整機構には、ヤマハ初のソレノイド駆動を用いており、素早く、かつ大きく減衰力を調整できるため、優れた接地感やスポーツ走行時の高い路面追従性を実現。なお、ドライのスポーティな走りを主体にウエットにも対応できるモードと長距離走行時などでの快適な乗り心地を狙ったモードの2モードがある。
「TRACER9 GT ABS」のKYB製電子制御サスペンション

 

 

「TRACER9 GT ABS」には、スクリーン高を5mm単位で10段階に調整可能な新デザインの大型フロントスクリーンや、コンパクト設計ながら防風効果も併せ持つブラッシュガードなど、ウインドプロテクション効果の高い装備を搭載。
トレーサー9GTの大型フロントスクリーンとブラッシュガード

 

 

「TRACER9 GT ABS」には、新設計のグリップウォーマーを標準装備。グリップ部に薄いラバーを使用、ヒーターの暖かさを伝わりやすくした。ホイールスイッチで10段階に調整可能。また、別売アクセサリーのコンフォートヒートシートを装着した際も、同様にホイールスイッチでの操作が可能。

 

「MT-09 SP」の別売アクセサリーには、「グリップウォーマー(SP車用)27,500円(税込)」がある。
「MT-09 SP」の別売アクセサリーには、「グリップウォーマー(SP車用)27,500円(税込)」

 

 

メーターの違い

MT-09とトレーサー9GTのメーターの違いを比較

 

「MT-09 ABS」には、
回転数に応じて色が変化するデジタルバータコメーター、燃料計、平均燃費、水温計、外気温計、ギアポジションインジケーターなどの機能を搭載。各機能の情報操作、セレクトはハンドルスイッチの操作で可能。別売アクセサリーのグリップウォーマーを装着した際の操作は、メーター表示を確認しながらハンドルスイッチで行える。また、ETCインジケーター表示機能も備える。

 

「TRACER9 GT ABS」には、
3.5インチのフルカラーTFTメーターを左右にダブルで採用。左のメインメーターは、回転数に応じて色が変化するデジタルバータコメーター、燃料計、平均燃費、水温計、外気温計、ギアポジションインジケーターなどの機能を搭載。右側のメーターでは、各情報から4種を選び拡大表示でより多くの情報表示が可能、良好な視認性を確保。また、ETCインジケーター表示機能も備える。右側のメーターでは、各情報から4種を選び拡大表示でより多くの情報表示が可能、良好な視認性を確保。

 

 

 

灯火器類の違い

 

「MT-09 ABS」には、
メカニカルな表情のLEDプロジェクターヘッドランプを採用。ロービームとハイビームを一体型とした2機能タイプ。ロービームは、照射エリアとエリア外の境界の明暗差が少なく穏やかで、境界付近での良好な視認性を実現。

 

 

「TRACER9 GT ABS」には、
コンパクトで優れた照射性をもつモノフォーカス2眼LEDヘッドランプ(Hi-Lo別体)を採用。照射範囲と範囲外の境目のコントラストが穏やかで、柔らかく、ムラのない配光を実現。ロービーム時は右側が点灯、ハイビーム時は両側が点灯。またリアの灯火器類も一新、カッティングを施したインナーレンズ採用により、面発光的で立体感あるテール、ストップランプとした。IMUの高速演算処理により、バンク角を検出し、走行中のバンク角に応じてハイビーム、ロービーム、いずれの場合もイン側のコーナリングランプが点灯を開始。バンクが深くなるに伴いリニアに明るくなり、照射エリアが広がることで夜間走行時の安心感を高めた。

 

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら