シャドウ750とドラッグスター1100の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

シャドウ750とドラッグスター1100の違いを比較

 

ホンダ シャドウ750の歴史

1997月3月21日に「シャドウ750」が新登場。型式は、RC44
シャドウ750のエンジンは、スティード600に搭載されたエンジンのボア・ストロークを変更し、ギアを4段から5段へ変更。
1997月11月にカラーチェンジ。
1998月12月15日にカラーチェンジ。
2000月11月29日にマイナーチェンジ。型式は、BC-RC44
シート形状をスリム化し、サスペンションセッティングでシート高を20mm下げた。二次エア導入装置を採用したメガホン形状2本出しマフラーを装備し、平成11年排出ガス規制に適合。車体色は、2色(パールコロナドブルー×インディグレイメタリック、ブラック)。
シャドウ750の「RC44」と「BC-RC44」の違いの比較は、こちら。
2003月12月25日にフルモデルチェンジ。型式は、BC-RC50
新設計フレームに変更し、ホイールベースを従来よりも30mm延長し、シート高を15mmダウン。キャブレターはこれまでのツイン対応からシングルキャブとなり燃費が向上。駆動方式にシャフトドライブを採用。H・I・S・S装備。外装の変更。車体色は、2色(アキュレイトシルバーメタリック、ブラック)。
シャドウ750の「BC-RC44」と「BC-RC50」の違いの比較は、こちら。
2004月11月30日にマイナーチェンジ。
サイドスタンドをメッキ処理。リアホイールハブをバフ仕上げ。タンクサイドに「SPIRIT OF THE PHOENIX」のエンブレムを採用。車体色は、2色(パールフェイドレスホワイト、ブラック)。
2006月2月21日にカラーチェンジ。
車体色は、1色(グラファイトブラック)。
2007月4月25日に特別仕様の「シャドウ750」を発売。
受注期間限定で販売。車体色は、パールフェイドレスホワイト。

2008月1月11日にマイナーチェンジ。型式は、EBL-RC50
キャブレターに代えて、フューエルインジェクションを採用。マフラーに触媒を内蔵し平成19年排出ガス規制に適合。ハンドル形状を見直し、足元はステップボード式に。それによりシフトチェンジペダルにはシーソー式を採用。フロントブレーキ位置が車体右側となる。車体色は、3色(キャンディーグローリーレッド×クラシカルホワイト、グラファイトブラック×クラシカルホワイト、グラファイトブラック)。
シャドウ750の「BC-RC50」と「EBL-RC50」の違いの比較は、こちら。
2008月10月29日にカラーチェンジ。
車体色は、3色(パールサンビームホワイト×サイバーゴールド、アドベンチャーブルーメタリック×クラシカルホワイト、グラファイトブラック)。
2009月11月にカラーチェンジ。
車体色は、2色(パールコスミックブラック、パールサンビームホワイト×サイバーゴールド)。
2009月11月9日に「シャドウ750 ABS」を追加。型式は、EBL-RC56
ABS搭載仕様車を追加。ABSモデルはリアブレーキもディスク式。ABS非搭載の標準仕様車は、これまで通りのドラム式のまま。車体色は、1色(パールコスミックブラック)。
2012月1月13日に「シャドウ750」と「シャドウ750 ABS」をカラーチェンジ。
車体色は、「シャドウ750」がパールコスミックブラック×スパークリングシルバーメタリック。「シャドウ750 ABS」がパールコスミックブラック×スパークリングシルバーメタリック。これがシャドウ750の最終モデル。

 

 

ヤマハ ドラッグスター1100の歴史

1999年3月10日に「ドラッグスター1100」が新登場。型式は、VP10J
ドラッグスター400の上位モデルとして登場。ビラーゴ1100用のエンジンをベースに、吸排気系を新設計するなど大幅な見直しを受けたバンク角75°の排気量1,063ccの空冷Vツインエンジンをリジッド風フレームに搭載。スタイリングは、ドラッグスター400とほぼ同じで、ロー&ロングを強調した構成がもたらした、700mmを切る低いシート高も特徴。シャフトドライブ、5速ミッション、フロントダブルディスクブレーキ(リアはシングル)、タンクオンメーターを採用。車体色は、3色(ライトグリニッシュグレーメタリック6、ブラック2、シルバーメタリック1)。
2000年3月1日にカラーチェンジ。
車体色は、3色(ダークグレイッシュパープルメタリック1(新色)、シルバーメタリック1(新色)、ブラック2)。
2000年10月10日にマイナーチェンジ。型式は、BC-VP13J
平成11年排出ガス規制に適合。ヘッドライトケースのデザインを砲弾型に変更。メーターパネルにイルミネーション風の透過光メーターパネルを採用。車体色は、3色(ブルーイッシュホワイトカクテル1、ダークブルーイッシュパープルメタリック1、ブラック2)。
ドラッグスター1100の2000年10月10日のマイナーチェンジ前後の違いの比較は、こちら。
2002年3月18日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(シルバーメタリック1(新色)、ブラック2)。
2003年3月3日にカラーチェンジ。
車体色は、3色(ヤマハブラック(新色)、シルバーメタリック1)。
2004年9月30日にマイナーチェンジ。
盗難抑止装置イモビライザーを追加。クッション厚に余裕を持たせた新作シートを採用。メーター盤は立体目盛り表示に変更。車体色は、2色(ブラックメタリックX、ダークブルーイッシュグレーメタリック8)。
2006年2月3日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ダークバイオレットメタリックA(新色)、ブラックメタリックX)。両色ともUS仕様のグラフィックが描かれた。
2007年2月15日にカラーチェンジ。

車体色は、2色(ベリーダークレッドメタリック2(新色)、ブラックメタリックX)。
2008年2月28日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ダークパープリッシュブルーメタリックU(新色)、ブラックメタリックX)。ダークパープリッシュブルーメタリックUには、タンクからリアフェンダーへかけてのフレアパターンが描かれた。ブラックメタリックXにはトライバル柄が施された。ドラッグスター1100のシリーズは、2008年モデルが最終仕様となった。

 

 

ここでは、まず最初に
2000年11月29日発売のホンダ シャドウ750(型式 BC-RC44)と
2000年10月10日発売のヤマハ ドラッグスター1100(型式 BC-VP13J)
の違いを比較しました。

 

 

ドラッグスター1100とドラッグスター1100クラシックのスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

シャドウ750

ドラッグスター1100

モデルチェンジ区分

マイナーチェンジ

マイナーチェンジ

型式

BC-RC44

BC-VP13J

発売日

2000年11月29日

2000年10月10日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2450

2405

全幅 (mm)

925

895

全高 (mm)

1085

1095

ホイールベース (mm)

1610

1640

最低地上高(mm)

130

145

シート高 (mm)

675

685

乾燥重量 (kg)

228

259

車両重量 (kg)

245

275

最小回転半径(m)

3.1

3.2

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

32.9

32

原動機型式

RC50E

P610E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

2

シリンダ配列

V型(L型)

V型(L型)

シリンダバンク角(°)

45

75

冷却方式

水冷

空冷

排気量 (cc)

745

1063

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

3

2

内径(シリンダーボア)(mm)

79

95

行程(ピストンストローク)(mm)

76

75

圧縮比(:1)

9

8.3

最高出力(kW)

33

45

最高出力(PS)

45

60

最高出力回転数(rpm)

5500

5750

最大トルク(N・m)

66

82

最大トルク(kgf・m)

-

8.3

最大トルク回転数(rpm)

3000

2500

燃料供給方式

キャブレター

キャブレター

燃料供給装置形式

-

BSR37

燃料タンク容量 (L)

14

17

燃料タンク・リザーブ容量 (L)

3.3

4.5

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

460.6

544

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

DPR7EA-9

BPR7ES

点火プラグ必要本数・合計

4

2

搭載バッテリー・型式

YTX14-BS

GT14B-4

バッテリー容量

12V-11Ah

12V-12.0Ah

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

2.9

3.6

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

2.2

3

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

2.4

3.1

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・5段変速

リターン式・5段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

1次減速比

1.666

1.659

2次減速比

2.411

2.874

変速比

1速 3.165/2速 2.000/3速 1.500/4速 1.172/5速 1.041

1速 2.351/2速 1.666/3速 1.284/4速 1.031/5速 0.851

動力伝達方式

チェーン

シャフト

スプロケット歯数・前

17

-

スプロケット歯数・後

41

-

チェーンサイズ

525

-

標準チェーンリンク数

122

-

フレーム型式

ダブルクレードル

ダブルクレードル

キャスター角

34°00

33°00

トレール量 (mm)

157

136

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

正立フォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

2

1

タイヤ(前)

120/90-17

110/90-18

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

64

61

タイヤ(前)速度記号

S

S

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

タイヤ(後)

170/80-15

170/80-15

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

77

77

タイヤ(後)速度記号

S

S

タイヤ(後)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

ホイールリム幅(前)

-

2.15

ホイールリム形状(後)

-

MT

ホイールリム幅(後)

-

4.5

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

-

2.25

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

-

2.5

ヘッドライト定格(Hi)

60W/55W

60W/55W

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

H4

テールライト定格(制動/尾灯)

21W/5W

21W/5W

スピードメーター表示形式

アナログ

アナログ

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

699,000円(税込) パールコロナドブルー×インディグレイメタリック、ブラック

830,000円(税込) ブルーイッシュホワイトカクテル1、ダークブルーイッシュパープルメタリック1、ブラック2

販売計画台数(国内・年間)

500台

2,500台

 

2000年モデルのシャドウ750とドラッグスター1100の違いを比較

 

 

 

次に
2008年1月11日発売のホンダ シャドウ750(型式 EBL-RC50)と
2008年2月28日発売のヤマハ ドラッグスター1100(型式 BC-VP13J)
の違いを比較しました。

 

 

シャドウ750とドラッグスター1100のスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

シャドウ750

ドラッグスター1100

モデルチェンジ区分

マイナーチェンジ

カラーチェンジ

型式

EBL-RC50

BC-VP13J

発売日

2008年1月11日

2008年2月28日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2510

2405

全幅 (mm)

920

895

全高 (mm)

1125

1095

ホイールベース (mm)

1640

1640

最低地上高(mm)

130

145

シート高 (mm)

660

685

乾燥重量 (kg)

-

262

車両重量 (kg)

258

278

最小回転半径(m)

3.3

3.2

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

37

32

原動機型式

RC50E

P610E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

2

シリンダ配列

V型(L型)

V型(L型)

シリンダバンク角(°)

45

75

冷却方式

水冷

空冷

排気量 (cc)

745

1063

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

3

2

内径(シリンダーボア)(mm)

79

95

行程(ピストンストローク)(mm)

76

75

圧縮比(:1)

9.6

8.3

最高出力(kW)

32

45

最高出力(PS)

44

60

最高出力回転数(rpm)

5500

5750

最大トルク(N・m)

62

82

最大トルク(kgf・m)

6.3

8.3

最大トルク回転数(rpm)

3500

2500

燃料供給方式

フューエルインジェクション

キャブレター

燃料供給装置形式

-

BSR37

燃料タンク容量 (L)

14

17

燃料タンク・リザーブ容量 (L)

-

4.5

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

518

544

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

DPR7EA-9

BPR7ES

点火プラグ必要本数・合計

4

2

搭載バッテリー・型式

YTZ14S

GT14B-4

バッテリー容量

12V-10Ah

12V-12.0Ah

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

3.2

3.6

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

2.5

3

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

2.6

3.1

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・5段変速

リターン式・5段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

1次減速比

1.763

1.659

2次減速比

-

2.874

変速比

1速 2.400/2速 1.549/3速 1.172/4速 0.959/5速 0.851

1速 2.351/2速 1.666/3速 1.284/4速 1.031/5速 0.851

動力伝達方式

シャフト

シャフト

フレーム型式

ダブルクレードル

ダブルクレードル

キャスター角

34°00

33°00

トレール量 (mm)

161

136

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

正立フォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

2

1

タイヤ(前)

120/90-17

110/90-18

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

64

61

タイヤ(前)速度記号

S

S

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

タイヤ(後)

160/80-15

170/80-15

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

74

77

タイヤ(後)速度記号

S

S

タイヤ(後)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

ホイールリム幅(前)

3

2.15

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

3.5

4.5

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

2

2.25

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.5

2.5

ヘッドライト定格(Hi)

60W/55W

60W/55W

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

H4

テールライト定格(制動/尾灯)

21W/5W

21W/5W

スピードメーター表示形式

アナログ

アナログ

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

882,000円(税込)キャンディーグローリーレッド×クラシカルホワイト、グラファイトブラック×クラシカルホワイト
850,500円(税込) グラファイトブラック

903,000円(税込) ダークパープリッシュブルーメタリックU、ブラックメタリックX

販売計画台数(国内・年間)

1,000台

1,000台

 

2008年モデルのシャドウ750とドラッグスター1100の違いを比較

 

シャドウ750とドラッグスター1100の違いを比較

 

 

人気は、ドラッグスター1100の方があるね。

 

 

ドラッグスター1100は、シャドウ750より30kgも重い。

 

 

排気量が大きくて重い方がアメリカンって感じがする。

 

 

俺は、シャドウ750にした。手軽さとパワーのバランスがいいと思う。ドラッグスター1100の日本仕様は、リッターのわりには非力だし。

 

 

自分ならシャドウ750がいいかな。ドラッグスター1100は、エンジンのV角度が大き過ぎるのが引っかかる。

 

 

鼓動感は、シャドウ750の方がマシかな。ドラッグスター1100は、鼓動感は全く感じないよ。まあ排気音を鼓動感と感じるかもしれないけど。ドラッグスター1100は、フライホイールマスが小さ過ぎる。アメリカンのエンジンとしては軽く回りすぎ。シャドウ750の方がフライホイールマスが大きいからアメリカンの醍醐味を感じる。

 

 

俺は、シャドウ750乗りだけど、俺がドコドコが楽しいと思うのは80km/hまでだよ。

 

 

エンジンは、
シャドウ750が水冷。
ドラッグスター1100が空冷。

 

 

俺は、空冷が好きだし、パーツが豊富なドラッグスター1100にした。

 

 

シャドウ750は、2008年モデルからインジェクションに変わった。
ドラッグスター1100は、キャブレターしかない。

 

 

アメリカンは、一番かっこいいと思うバイクを選んだほうがいいよ。
スペックとか細かいこと気にしてたらアメリカンには乗れない。

 

 

バイク屋でドラッグスター1100って大きいね。隣に置いてあったシャドウ750より一回り以上大きく感じた。

 

 

月刊オートバイ2010年10月号
2010年度ジャパンオブ・ザ・イヤー読者投票人気ランキング
アメリカン部門
1位 VT1300CX 3575
2位 DS1100 1972
3位 ブルバード400 1818
4位 M109R1109
5位 DS4001079
6位 XV1700AS 1048
7位 XV1900A 986
7位 XV1900CU 986
9位 シャドウ750 955
10位 バルカン900 955

 

 

俺は、年式が新しいシャドウ750を買ったほうがいいと思う。
ドラッグスター1100は、2008年モデルが国内仕様車の最終型で2010年くらいまで販売された。
シャドウ750は、2014年モデルが最終型で2016年くらいまで販売されてた。

 

シャドウ750とドラッグスター1100の買取価格の相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら